PR
■5分で始めるセンサ評価 ウェアラブル/IoT機器開発向けセンサ評価キット
豊富な金属接合材料を取り扱い!お困りのお客様はこちらをクリック! ニホンハンダ(株)

自動車用レーダーエコー発信器「R&S AREG100A」を発売、車載レーダーセンサーの製造試験に最適

2018/08/08

ローデ・シュワルツ・ジャパン(株)

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:Jacques Jourda)は2018年8月7日から、自動車用レーダーエコー発信器R&S AREG1000Aの発売を開始いたします。生産における永続的な品質管理は、レーダーセンサーの機能性、そして最終的に安全な自律走行を保証するために不可欠です。こうしたニーズに応えて、Rohde & Schwarzは、自動車業界と緊密に連携して、生産ラインの最終試験と検査用途に最適な、R&S AREG100A自動車用レーダーエコー発信器を開発しました。本製品は、生産ラインでの使用にも耐えうる高い信頼性を誇るだけでなく、誰でも簡単に操作できる製品です。


■R&S AREG100A自動車用レーダーエコー発信器
R&S AREG100A自動車用レーダーエコー発信器は、24GHz ISM帯域と77GHzまたは79GHzのEバンドのレーダーセンサーを確実にテストします。固定距離で4つまでの対象物のエコーをシミュレートします。ユーザーが設定可能なドップラオフセットを任意に適用して、オブジェクトの動きをシミュレートすることができます。顧客は注文時に希望の固定距離を指定することができます。
R&S AREG100Aは、先進的な長距離および短距離レーダーのテスト用に、将来的に有効なソリューションです。Eバンドで最大4GHzの帯域幅をサポートし、フロントエンドとDUT間の距離が80cmの場合、最小距離4mでオブジェクトをシミュレートできます。こうしたアプローチにより、Rohde & Schwarzはシンプルな評価から複雑な評価まで、さまざまな要求に対応できます。

■欧州無線機器指令(RED)への対応
欧州の規制当局は、レーダーによる安全関連ドライバーアシスタンスシステムを装備した車両の数が劇的に増加したことにより、自律的な運転に使用される自動車用レーダーセンサーの安全な動作と共存を保証するための無線機器指令(RED)において必須となる試験を規定しています。
R&S AREG100Aは、RED規格ETSI EN 303396で指定されているテストを簡単かつコストを最適化して実行するために、IFバンドにおいてキャリブレーションされた入力ポートと出力ポートを備えています。干渉信号に対するセンサーの耐性は、接続されたRF信号発生器で確認することができます。占有帯域幅およびスプリアス放射は、接続されたシグナル・スペクトラム・アナライザを使用して簡単に測定できます。そして、総放射電力(等価等方放射電力、EIRP)は、接続されたパワー・メータを使用して非常に正確に評価できます。フロントエンドのミリ波ハードウェアは、これらすべての機器で使用できるため、最大6GHzのRF信号発生器、シグナル・スペクトラム・アナライザ、8GHz帯域のパワー・メータがあれば、追加のミリ波計測機器は必要ありません。さらに、Rohde & Schwarzは、テストソリューションの高い再現性を実現するための、コンパクトで優れた特性を備えた小型チャンバーの提供を予定しています。
PR
■マルチインターフェースIoTゲートウェイでローカルデータを遠隔地/クラウドへ!
⇒⇒⇒セキュアなIoTデバイスをお探しですか?