PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?

ハイエンド・ベクトル・ネットワーク・アナライザ発売開始

2019/01/16

ローデ・シュワルツ・ジャパン(株)

~優れたRF性能と独自の操作コンセプトを搭載~

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:Jacques Jourda)は2019年01月16日から、ネットワーク・アナライザのフラグシップモデルとなるR&S ZNAの発売を開始いたします。「隠れた真実の追求。」をコンセプトとし、既存のR&S ZVAをリプレースする製品となっています。R&S ZNAは、優れたRF性能と複雑な測定を簡素化する独自のハードウェアを搭載した、新世代のハイエンド・ベクトル・ネットワーク・アナライザです。その優れた測定安定性とトレースノイズにより、ユーザーはアクティブデバイス、パッシブデバイス、およびモジュールの高精度な評価が行えます。さらに、革新的なDUT指向の操作コンセプトと、世界初のデュアルタッチスクリーンにより、設定に要する時間を最小限に抑えます。

最新のR&S ZNAは、アクティブデバイスとパッシブデバイスを評価するためのパワフルでユニバーサルなテストプラットフォームです。R&S ZNA26(10MHz~26.5GHz)とR&S ZNA43(10MHz~43.5GHz)は、146dB(標準)の優れたダイナミックレンジと、1kHzのIF帯域幅で0.001dBという驚くべき低いトレースノイズを提供します。これら2つの機能は、ハイリジェクションフィルタの測定に不可欠です。独自のハードウェアコンセプトにより、R&S ZNAはRFとIFのミキサ測定を並行して行えるため、従来と比較して2倍の測定速度を実現します。アンプの特性評価は、100dBのパワー掃引範囲、各テストポートに搭載されたパルス発生器と変調器、そして多彩な相互変調測定機能とスペクトラム・アナライザ機能により、さまざまな角度からの解析が可能となります。

●4つの独立したソースと2つのLOを持つ独自のハードウェアコンセプト
R&S ZNAには、4つの位相コヒーレントな信号源、8つの真のパラレルレシーバ、および2つの内部局部発振器(LO)があります。これにより、周波数変換デバイス、アンプ、さらに複雑なT/Rモジュールの特性評価のためのテスト設定が簡単になり、DUTを1回接続するだけで各種評価が行えます。ユーザーは、従来の半分の時間で基準ミキサを使用せずに、ベクトル補正変換損失、位相および群遅延の測定を実行できます。

●優れた操作性を実現したDUT指向のアプローチ
R&S ZNAは、測定構成を簡素化するために、DUTに重点を置いた独自のアプローチを提供しています。ユーザーは最初にDUTのタイプ(例:ミキサーまたはアンプ)を選択し、次に段階的に設定を行って目的のテスト設定に進みます。このソリューションはテストのセットアップを大幅にスピードアップし、容易なものにします。もちろん、従来のアプローチで個別に測定を行うこともできるので、困難な測定を独自の方法で行うことも可能です。

●ハードキーパネルに代わる最新のタッチスクリーンインタフェース
R&S ZNAは、メインディスプレイとして12.1インチのタッチスクリーンと、ハードキーパネルの代わりに7インチのタッチスクリーンを使用した、世界初のタッチスクリーンのみよる操作を実現したベクトル・ネットワーク・アナライザです。DUT指向のアプローチと、2つ目のタッチスクリーンを組み合わせたことで、ユーザーはこれまでに無い操作性を体験できます。

R&S ZNAベクトル・ネットワーク・アナライザは26.5GHzそして43.5GHzモデルがあり、本日よりご注文いただけます。詳しくは、次のWebサイトをご覧ください。
https://www.rohde-schwarz.com/product/zna