Digi ConnectCore 8X開発キットの出荷を開始

2019/06/05

ディジ インターナショナル(株)

IoT(Internet of Things)コネクティビティ製品・サービスプロバイダであるディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区)はこのほど、「Digi ConnectCore 8X開発キット」の提供を開始しました。

ディジ インターナショナルは、エッジインテリジェント製品を開発するデバイスメーカー向けのコネクテッドシステムソリューションのコンセプトとして、LinuxとAndroid対応の高性能かつセキュアで費用対効果の高い、すぐに使えるシングルボードコンピュータ(SBC)「Digi ConnectCore 8X」を提供しています。開発キットは、ハードウェア対応だけでなく、Software-Definedコネクティビティソリューションを提供するというDigiの公約を実行し、広く入手可能です。

Digi ConnectCore 8Xは、柔軟性と性能を犠牲にすることなく、カスタムボード設計の従来のリスクや労力、複雑さを排除することで、タイム・ツー・マーケットを短縮しつつクラウドとエッジコンピューティングサービスのインテグレーションを提供します。このほかの主な機能は次のとおりです。
● インダストリアル向けi.MX 8XクアッドコアSOMおよびSBCプラットフォームファミリ
● オンボードデュアルバンドアンテナオプション、USBコネクティビティ、Digi XBee RFコネクタ、セルラーコネクティビティオプションを搭載したコンパクトなフォームファクタ
● マルチディスプレイ/カメラ、オーディオ対応
● 外部ストレージ拡張コネクタ
● 低消費電力設計を実現するハードウェアとソフトウェアの両方に対応したパワーマネジメント機能
● セキュアブート、暗号化ファイルシステム、ポートプロテクションを備えたビルトインのDigi TrustFenceセキュリティフレームワーク

■開発キットの提供
Digi ConnectCore 8X開発キットは現在、評価・テスト用に入手可能です。本キットには、デュアルイーサネット搭載ConnectCore 8X SBC Pro、コンソールポートケーブル、電源、2つのデュアルバンドアンテナが含まれています。
詳細については、https://www.digi.com/pr/digi-cc8x-dev-kits をご参照ください。