クラウド対応設備監視システム Facility Assist for SaaS

(株)iND

SaaS提供対応設備監視システム

【Facility Assist for SaaS】は、設備や機器の状態と安定稼働を監視するシステムとしてパッケージ販売している「Facility Assist」をSaaS提供するサービス。各監視装置にて取得したデータをユーザーがウェブブラウザを利用して閲覧できる。パッケージ版では初期費用と導入後の運用管理、データのバックアップなど開発・運用コストが高い部分があったが、SaaS版は月額料金で利用可能で、システム管理も同社が負担するため手軽に設備監視を始めることができ、早期導入が可能。クラウド基盤の各種APIを利用することでユーザーの業務システムとデータ連携も可能。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
クラウド対応設備監視システム Facility Assist for SaaS

仕様

用途 自然エネルギー、農業設備、受変電設備、プラント設備、ビル設備、タンク設備などの設備監視

その他の情報

・対応機種→LMG-300、IOG-100

■製品特長
1.AWS IoT対応
IoTクラウド基盤として、AWS IoTでの運用に対応
※AWS IoTは、米国その他の諸国における、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標。

2. メール、プッシュ通知に対応
機器の通信異常や状態異常をメールやプッシュ通知によってお知らせ

3.PLC対応IoTゲートウェイ「LMG-300」
PLC装置とイーサネット接続することでPLCの持つ接点入力、アナログ、パルスなどのインターフェース情報や、制御機器の監視、警報の情報をノンプログラミングで取得することができる
※取得データはカスタマイズにて対応

4.IoTゲートウェイ「IOG-100」
OP485シリーズを接続することで接点入出力、アナログ、パルスなどの多彩なインターフェースに対応し、水位や電流、気温、電力量等の監視、警報や機器制御を行える。MQTTプロトコルでクラウドと通信し、パブリッシャー/サブスクライブ機能に対応することで、クラウド側から現場機器を制御することが可能

その他のカタログ

電力機器監視装置 EDL-100

【EDL-100】は、パルス積算装置を2基搭載した電力機器監視装置。同社のRS485型接点入力装置「OP485in」、RS485型アナログ入力装置「OP485ai」を接続し、異常接点開閉監視、日射/気温などのアナログ量監...

M2Mシステム開発(リモート監視システム)
FOMA対応接点監視装置 IP3-FP8-Ⅱ
3G/LTEモジュール内蔵高速モバイルルータ LM-100
発電電力量収集装置 ECom-PVシリーズ
Web対応デマンドコントローラ Dmd-Assist-100
高速モバイルルータ HL-300 Series
IEEE802.15.4対応無線通信装置 Comm Assist-100Bee

会社情報

(株)iND

株式会社iNDは、お客様のニーズを第一に考え製品のご提供を行ってまいります。
また常に新しい時代を捉え、シリアル通信・接点監視・アナログ計測の分野と、LAN・FOMA・LTEの通信環境で必要とされる様々な製品の、開発・製造・販売のすべてを行っております。

(株)iND
〒1030025
東京都 中央区日本橋茅場町2丁目13番13号
電話: 03-3664-5552
https://www.i-netd.co.jp