【カタログプレビュー】接地抵抗測定用クランプ・メーター Fluke 1630-2

< ログインしてこのカタログをダウンロードする(無料) >

Preview

【Fluke 1630-2】は、屋内にある領域や、完全に舗装された状態にあるためにテスト用の補助接地ステークを設置できない場所など、接近が困難な場所にある機器であっても接地部品の試験が行える接地抵抗測定用クランプ・メーター。接続した状態のままグラウンド・ループの抵抗を特定でき、システムから接地ロッドをいったん取り外して再接続する必要がない。優れた性能と堅牢さを備え、頑丈なクランプ開口部は、工業環境における連日の酷使にも耐える優れた強度を持つ。2つのクランプ開口部を使用して、マルチ接地システムのそれぞれの接地グラウンド・ループ抵抗を測定するため危険を回避でき、パラレル接地の切断や、補助ステークに適した場所を見つけるプロセスなど、時間を要する作業を行わなくてもすむ。補助接地ステークを地中に配置できないため、以前はテストが困難だったビルの内部や高圧線用の鉄塔といった場所でも接地テストを実行できる。

発行元:フルーク

< ログインしてこのカタログをダウンロードする(無料) >