パッケージ内残存酸素濃度測定セット ResOx 5695-H/L

(株)サカキコーポレーション

パッケージの開発、検査の残存酸素測定に好適

【ResOx 5695-H/L】は、食品などのガス置換包装パッケージ内における残存酸素濃度測定を行うためのセット。粘着シールをパッケージに貼って、その上からセンサに接続した針を差し込み、ポンプで吸引しながら内部の酸素濃度を測定する。食品パッケージの開発、包装の抜き取り検査などに使用できる。メモリ内蔵で、オプションのソフトウェアを使ってデータを出力したり、オンラインでの使用が可能。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
パッケージ内残存酸素濃度測定セット ResOx 5695-H/L

その他の情報

・ポンプ吸引でパッケージ内部の酸素濃度測定
・圧力補正
・電動ポンプで吸引
・シリアル、0~1V出力
・電池または外部電源駆動
・ケース付き

その他のカタログ

ハンディタイプCO2計 SenseAir

【SenseAir】は、簡単な操作で周辺雰囲気のCO<sub>2</sub>濃度と温度を高精度に測定するハンディタイプのCO<sub>2</sub>濃度計。内蔵されたロガー機能により、工場、研究所、農業、空調業界、労働環...

レーザーラインプロジェクター ZRGシリーズ
超コンパクト・ウェアラブルCO2アラーム計
壁掛け型CO2トランスミッタ eSENSE FAI
壁掛け型CO2トランスミッタ tSENSE VAV
防水カメラルーター SCR1800
マルチインターフェース対応IoTゲートウェイ SC-LSBC
イメージング用レーザーモジュール ミニ ZDシリーズ

会社情報

(株)サカキコーポレーション

株式会社サカキコーポレーションは産業用計測器・制御機器の輸出を主な業務として1985年に創業しました。創業当時は主に欧州市場向けに、工業用温度計、湿度計、放射温度計、気圧計、工業用・気象用記録計等の日本製品の輸出を行っていました。1995年頃より、“環境測定”、“省エネルギー”などの市場要求に応えるべく、欧州の優れたメーカーから信頼性の高い測定機器、センサの輸入を手掛け、現在は、再生可能エネルギー、省エネルギー、環境衛生・安全、地球温暖化防止など、時代の課題に直接、間接に貢献する、“測定”と“検知”の多様な製品を提供しています。株式会社サカキコーポレーションでは、総輸入販売元として「デルタオーム社」「センスエア社」「Z-LAZER社」「LSI LASTEM社」の製品も取り扱っています。

(株)サカキコーポレーション
〒5580032
大阪府 大阪市住吉区遠里小野5−10−25
電話: 0666087800
http://www.sakakicorporation.co.jp