CO2アラーム計 G1910-20

(株)サカキコーポレーション

NDIR方式を採用

【G1910-20】は、NDIR方式を採用したCO2アラーム計。軽量・超コンパクトサイズのウェアラブルタイプ。周辺雰囲気のCO2濃度を高精度に測定し、現在値とTWA(時間加重平均)をバックライト付き大型LCDディスプレイに表示する。測定単位の切替えができ(ppm/%)、MAX値、MIN値の表示、表示値のHOLDも可能。設定しきい値を超えると、2段階のブザー音と、ディスプレイ上のシンボル表示でアラーム通知する。約400ppmの新鮮空気(または校正ガス)で基準校正も容易に行える。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ
CO2アラーム計 G1910-20

仕様

型番 G1910-20
用途 一般居住空間の屋内空気質(IAQ)の測定、モニターに加えて、特に高濃度のCO2が使用、生産される場所、あるいはCO2が発生、滞留する危険環境での安全性モニター、警報用として大いに役立ちます。

ビール醸造工場、清涼飲料水製造工場、ファーストフード店、グリーンハウス、冷凍工場、ドライアイス製造工場、CO2クリーニング、CO2HVAC機器・設備、スイミングプール、地下駐車場、食肉処理場、CO2消火器、インキュベータ、バイオ施設・設備などです。

その他の情報

・NDIR方式CO2センサ
・軽量(150g)、超コンパクトサイズ(108×54×28mm)
・測定範囲0.04~2%
・フル充電30時間動作、充電時間6時間
・バックライト付大型LCDディスプレー
・簡単校正(約400ppmの新鮮空気または校正ガス)
・MAX/MIN/TWA表示、HOLD機能
・ベルトクリップまたはストラップによりウェアラブル
測定範囲(※キーによる表示単位切替え):400~19999ppm・0.040~1.999%

製品カタログ

超コンパクト・ウェアラブルCO2アラーム計

G1910-20はNDIR方式を採用した、軽量、超コンパクトサイズ、ウェアラブルなCO2アラーム計です。周辺雰囲気のCO2濃度を高精度に測定し、見やすいバックライト付大型LCDディスプレーに表示します。

CO2センサモジュール CO2 Engine K30 FR
温度・湿度・CO2・照度・大気圧ウェブデータロガー HD501NB…I…TCV/HD5014bNB…I…TCV
CO2センサモジュール CO2 Engine K30
CO2・温度トランスミッタ・コントローラ aSENSE-VAV
太陽光発電計測信号変換箱 DEA485/DEA420.1/DEA420.2
CO2アラームユニット aSENSE-Alarm
レーザーラインプロジェクター ZRGシリーズ

会社情報

(株)サカキコーポレーション

株式会社サカキコーポレーションは産業用計測器・制御機器の輸出を主な業務として1985年に創業しました。創業当時は主に欧州市場向けに、工業用温度計、湿度計、放射温度計、気圧計、工業用・気象用記録計等の日本製品の輸出を行っていました。1995年頃より、“環境測定”、“省エネルギー”などの市場要求に応えるべく、欧州の優れたメーカーから信頼性の高い測定機器、センサの輸入を手掛け、現在は、再生可能エネルギー、省エネルギー、環境衛生・安全、地球温暖化防止など、時代の課題に直接、間接に貢献する、“測定”と“検知”の多様な製品を提供しています。株式会社サカキコーポレーションでは、総輸入販売元として「デルタオーム社」「センスエア社」「Z-LAZER社」「LSI LASTEM社」の製品も取り扱っています。

(株)サカキコーポレーション
〒5580032
大阪府 大阪市住吉区遠里小野5−10−25
電話: 0666087800
http://www.sakakicorporation.co.jp