PR
日本随一、2500点の配管部品サテライト・ショールームがお台場に誕生。
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

ロボットワークセル・フレーム

駿河精機株式会社

セル規格統一、強度計算不要、半SI済パッケージ対応

【ロボットワークセル】は、各種小型多関節ロボット用の設置架台と保護カバーを一体化した製品で、各種ロボットによる自動化生産システムのコアとして利用できる。高剛性80mm角型アルミフレームを採用、剛性強度設計済みで各社可搬重量7kg以下のロボットを搭載可能。幅30cmのタイル風に区切られたマルチタイルテーブルトップ(オプション)を使用することで、ロボット設置位置を三箇所から選択・変更できるうえ、アルミ溝構造により、事前の加工などが不要。また、設置床面積約1m角のセル単位となっており、単独セル、セル同士のライン連結などの工程レイアウトが自在に行える。本体サイズ、各種オプションから希望の仕様を選択でき、テーブルなしも選択可能。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ

その他の情報

■製品バリエーション
・標準:高さ1800×横幅980×奥行1200mm/重量110kg
・ワイド:高さ1800×横幅1200×奥行1200mm
・ショート:高さ1500×横幅980×奥行1200mm
・ワイドショート:高さ1500×横幅1280×奥行1200mm
(付属品:溝入れナット×20ヶ、保証書、キャスター・レベラー各4ヶ取付済)

※高さはレベラーの設定により微調整可能
※ワイドタイプは2月以降の発売

関連製品カタログ

ロボットワークセル・フレーム

【ロボットワークセル】は、各種小型多関節ロボット用の設置架台と保護カバーを一体化した製品で、各種ロボットによる自動化生産システムのコアとして利用できる。高剛性80mm角型アルミフレームを採用、剛性強度設計済みで各社可搬重...

新オプション「RC8コントローラ保護ボックスLight」(2019年02月発行)
医薬・医療用ロボット「VS-050S2シリーズ」(2019年07月発行)
デンソーロボット「ラインナップ」(2019年05月発行)
UR5e 仕様表
移動型ベースロボット SCIBOT Type-XC
人協働ロボット「COBOTTA」(2019年07月発行)
ロボット操作端末 KeTop T10 directMove

会社情報

駿河精機株式会社

駿河精機株式会社
〒4248655
静岡県 静岡市清水区七ツ新屋505
電話: 0543440332
http://jpn.surugaost.jp/
PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ