RFIDの情報をIoT化

【OsiSense XGシリーズ】は、個体識別、トレーサビリティのログ情報を一元管理できるRFIDシステム。表示器とRFIDシステムをダイレクトに接続することで、上位PCやPLC(メーカー・機種を問わない)とのプログラムレス通信を実現。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ
RFIDシステム OsiSense XGシリーズ

その他の情報

・ISO標準 14443 A/B、15693 & 18000-3
・HF帯 13.56MHz対応
・-25~70℃の動作温度、IP65の環境性能
・リーダライタとアンテナ、コントローラーの一体型
・動作状態を確認できるLEDを装備
・プラットフォーム40は、φ22穴で設置が簡単
・インストラクションブロックで複数のRead/Writeコマンドを自動で実行
・スリープモードで電波障害の抑制、省エネ対応

製品カタログ

RFIDシステム OsiSense XGシリーズ

RFIDシステムの詳細情報をまとめたカタログです。

産業向けUPS SUA500
防爆形EXGPシリーズ
常時インバーターUPS SecureUPSシリーズ
無線ホイストシステム
プログラマブルコントローラー(PLC) Modicon M241
プログラマブル表示器GP4000シリーズ
Ecostruxure Augmented Operator Advisor(シュナイダーARアドバイザー)

会社情報

シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社(旧:株式会社デジタル)

「Pro-face」ブランドのHMIをはじめとした、生産現場の各種設備や装置を自動化・最適化するさまざまなソリューションを提供いたします。
 ・産業用タッチパネル(操作表示器)、制御機器の開発、製造、販売
 ・産業用警報・信号・表示灯の開発、製造、販売
 ・シュナイダーエレクトリックの幅広いオートメーション製品群の販売、およびソリューションの提案

シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社(旧:株式会社デジタル)
〒1080023
東京都 港区芝浦2-15-6 オアーゼ芝浦MJビル
http://www.proface.co.jp/