リベルタッチキーボードの後継機種を販売開始

2018/07/12

富士通コンポーネント(株)

富士通コンポーネント株式会社(本社:東京都品川区、社長:近藤 博昭)は、プレミアムキーボードLibertouch(リベルタッチ)の後継機2機種の販売を2018年8月より開始いたします。

FUJITSU Component Libertouch キーボードは搭載IC等の終息により2018年1月に生産を終了いたしましたが、多くのお客様からのご要望にお応えし、このたび後継機種としてキートップにかな文字刻印のあるFKB8540-551/Gとかな文字刻印のないシンプルなデザインのFKB8540-552/Gの2機種を系列化いたしました。

新しいLibertouchでは、旧製品と同様キーストロークは3.8mmを確保し全キーに個別ラバーとスプリングを搭載した独自キー構造とキーを押し切らなくても入力がONとなる構造を継承しています。旧製品と同様に滑らかで吸い込まれるような押下感と確実なキー入力をお届けします。また旧製品では、ラバーを交換することでキー押下荷重を変更できる設定としておりましたが、新機種では全キーに軽荷重ラバー(約35g)を搭載し、当初から軽い入力操作が行えるようにいたしました(*1)。

*1: 新機種ではキー押下荷重変更用ラバーおよび引き抜き工具は添付されていません。