850nm VCSEL搭載 中距離用3DマルチピクセルToFセンサ AFBR-S50MV85G

Broadcom

光学ToF方式を採用

【AFBR-S50MV85G】は、光学ToF方式によるマルチピクセルの距離・動作計測センサ。最大16照射ピクセルで最大3,000フレーム/秒を実現。高速、小型サイズ、低消費電力が求められる産業センサおよびジェスチャセンサに特化して開発されており、最大20万ルクスの業界最高クラスの周囲光抑制により、屋外環境でも問題なく使用できる。さまざまな表面を最大10m (対象物が黒色の場合) の距離で測定可能。白色、黒色、有色および反射性のある金属表面で同等の性能で動作する。モジュールは850nmレーザー光源を搭載し、5Vの単一電源を使用し、データはデジタルSPIインターフェースで転送される。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
850nm VCSEL搭載 中距離用3DマルチピクセルToFセンサ AFBR-S50MV85G

仕様

用途 産業用センサ、ジェスチャセンサ、距離計測、ロボット、オートメーションおよび制御

その他の情報

・850nmレーザー光源を内蔵
・7~16照射マルチピクセル
・FOV視野角 12.4°×6.2°
・最大3kHzの超高速測定
・10mまでの距離に対応
・最大20万ルクスの周囲光で測定可能
・あらゆる状態の表面で良好に動作
・SPIデジタル・インターフェース(最大20MHz)
・5V単一電源
・クロックソース内蔵
・レーザークラス1

その他のカタログ

フォトカプラを使った保護回路の安全設計

フォトカプラを使った絶縁回路を利用して,エレクトロニクス機器の安全対策回路を設計する際に知っておくべき基本知識が学べます。フォトカプラの特性や安全設計の考え方,さらに関連する試験方法にも言及しました。

アイソレーション・アンプを使用した設計
厳しい使用環境で使うことを前提に開発したフォトカプラ
EV/HEV用高電圧インバータ・モジュールに向けたフォトカプラ
フォトカプラのLED寿命特性を予測する方法
小型光学式インクリメンタル・エンコーダ AEDB-9140シリーズ
モータ・ドライブおよび電流ループでの応用例
高出力LEDアプリケーション用熱モデリング

会社情報

Broadcom

Broadcomの製品ポートフォリオは、有線インフラストラクチャ、無線通信、エンタープライズ・ストレージ、産業および車載の4つを主要な市場として製品を提供しています。幅広い製品ポートフォリオには、セットトップ/CMTS向け、ケーブル・モデム、PON/DSL、イーサネットNIC、フィルタやアンプ、ASIC、ワイヤレス接続ソリューション、組込型プロセッサ、HDD/SSDコントローラ、エンタープライズSAS/SATA/ファイバ・チャネル接続、データ・センタ・スイッチやルータ、オプトカプラ/モーション・エンコーダ/LED、光ファイバーソリューション向け各種半導体があります。

Broadcom
〒1530042
東京都 目黒区青葉台4-7-7 青葉台ヒルズ7F
電話: 0120 611 280
https://jp.broadcom.com/