PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

AI開発向けワークステーション PAW-200

HPCシステムズ(株)

高性能GPUを効率的に冷却

【PAW-200】は、高性能GPUを効率的に冷却するAI開発向けワークステーション。第9世代Intel Core プロセッサ、および水冷タイプの「Geforce RTX 2080 Ti」を4基搭載。GPUの温度を60℃前後に維持することで、保護機能の働きを抑えて最大周波数での動作が可能となり、高パフォーマンスを持続する。2基のATX電源を搭載しており、AC100V環境でもGPU4基の動作が可能。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ
AI開発向けワークステーション PAW-200

仕様

型番 PAW-200
寸法 W270×H465×D476mm (突起物等を除く)

その他の情報

・第9世代インテル Coreプロセッサ搭載
・水冷クーラー搭載のGeforce RTX 2080 Tiを採用
・AC100V環境でもGPU×4基の動作が可能
・長時間の学習時でもGPU性能を落とさず安定稼働

●I/O:DisplayPort×1、HDMI2.0×1、LAN (RJ45)×2、USB 3.1(Gen 2、Type A×5+Type C×1)、USB 2.0×4(内1はUSB BIOS Flashbackに対応)、8チャンネルオーディオI/O

●拡張スロット
SLOT7 : PCI-Express x16スロット (Gen 3.0、CPU側) ※GPUで使用
SLOT6 : None
SLOT5 : PCI-Express x16スロット (Gen 3.0、CPU側) ※GPUで使用
SLOT4 : PCI-Express x4スロット (Gen 3.0、PCH側)
SLOT3 : PCI-Express x16スロット (Gen 3.0、CPU側) ※GPUで使用
SLOT2 : None
SLOT1 : PCI-Express x16スロット (Gen 3.0) ※GPUで使用
※GPU×4搭載時、すべてのx16スロットはx8シグナルで動作します。
またGPU×1あたり2スロット分を占有するため、空きスロットはありません。

関連製品カタログ

AI開発向けワークステーション

AI開発に向けて高性能GPUを効率的に冷却。第9世代Core™プロセッサー搭載ワークステーション

VESA取り付け対応コンパクトPC EBOX-333xシリーズ ユーザーマニュアル
VESA取り付け対応コンパクトPC EBOX-333xシリーズ 比較表
VESA取り付け対応コンパクトPC EBOX-333xシリーズ データシート
DINレール対応ファンレス小型PC DIN-PC 3330/3332シリーズ データシート
DINレール対応ファンレス小型PC DIN-PC 3330/3332シリーズ ユーザーマニュアル
Android OSを採用した10インチデスクトップターミナルHG700」
耐環境IoTデバイスプラットフォーム ボックスコンピュータ BX-830

会社情報

HPCシステムズ(株)

HPCシステムズ(株)
〒1080022
東京都 港区海岸3−9−15 LOOP−X 8階
電話: 0354465535
http://embe.hpc.co.jp/