ジャパンソウル半導体(株)

ジャパンソウル半導体(株)

ソウル半導体は、世界のLED市場で上位の一角を占めるLED専業メーカーです。11,000件以上の特許により、差別化された技術および製品を追求し、革新的な独自技術製品の「アクリチ(Acrich)」および「nPola」をはじめ、深紫外LED製品など、世界的なLED技術と製造能力を有しています。エピからチップ製造については、子会社のSeoul Viosysが、パッケージLEDからモジュールについてはSeoul Semiconductorが製造しており、ソウル半導体グループで完全に垂直統合された製造モデルを構築していますが、照明などの完成品についてはお客様との競合を避けるために製造対象としていません。ソウル半導体の日本法人となるジャパンソウル半導体は、東京と大阪に営業拠点を設け、日本のお客様に対するサポートを提供しています。ソウル半導体および製品/技術についての詳細は、ウェブサイトhttp://www.seoulsemicon.com/jp/ の各種ページをご参照ください。

ジャパンソウル半導体(株)の製品

ジャパンソウル半導体(株)のニュース

2017-11-21

自然光LEDの”SunLike”で世界初の高いアイセーフティ認証

韓国安山市—2017年11月20日—世界的なLED(発光ダイオード)専業メーカーのSeoul Semiconductor Co., Ltd. (本社:韓国安山市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」)は、太陽の光に最も近い光を発するLEDの”SunLike”が、光源の安全性に関するアイセーフティ認証でRG-1の評価を受け、最高レベルの安全性が認められたと明らかにした。 アイセーフティ認証は、LEDから発せられる波長を分析して、安全性に基づいて等級分けされる認証である。照明の安全性の優先度が非常に高い欧州地域では、アイセーフティ認証が不可欠であり、目で直接見たときに、視力に危険を及ぼす可...

2017-06-28

LEDを自然な光に回帰させるソウル半導体の新技術“SunLike”

ソウル半導体のLEDチップに関する特許技術と東芝マテリアルの蛍光体技術"TRI-R"を組み合わせたLED製品のSunLikeシリーズは、次世代LEDとして世界最高レベルの光の質を提供し、サーカディアンリズムに合わせて最適化されたヒューマンセントリックな照明を実現します。 韓国安山市-2017年6月27日LED製品および技術の世界的なイノベータのSeoul Semiconductor Co., Ltd. (本社:韓国安山市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」)は、太陽光のスペクトルにほぼ完全に一致した光を発するLEDの新技術を開発した。2017年6月26日、ドイツ・フランクフルトでメデ...

2017-03-13

COBで世界最高レベルの発光効率を達成、Acrich COBを発表

韓国安山市—2017年3月8日—世界的なLED (発光ダイオード)専業メーカーのSeoul Semiconductor Co., Ltd. (本社:韓国安山市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」)は、3月7日から東京で開催されている国際照明総合展「ライティングフェア2017」で新製品Acrich COB 17種を公開した。 今回発表した製品は、高電圧と交流技術の核心である「Acrich (アクリチ)」技術が適用されたCOBタイプのLED製品である。Acrich COBは、高電圧LEDチップの技術に基づくMJT COBシリーズと、交流駆動技術に基づくAC COBシリーズで構成される。高電圧...

2017-02-09

特許技術でフィラメント型LED市場攻略をねらう

韓国安山市—2017年2月9日—世界的なLED (発光ダイオード)専業メーカーのSeoul Semiconductor Co., Ltd. (本社:韓国安山市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」)は、LED照明市場で高い成長を見せているフィラメント型電球用にLEDパッケージ4製品を量産していると2月7日明らかにした。基本特許を武器にして、市場規模が1,500億円程度と言われるフィラメント型LED電球市場に本格参入する計画である。 ソウル半導体は2000年代初頭からフィラメント型LEDの開発を進めており、現在のフィラメント型LED製品の製造の中核技術であるチップの製造、COBパッケージ...

2017-02-09

ソウル半導体、特許技術でフィラメント型LED市場攻略を狙う

韓国安山市—2017年2月9日—世界的なLED (発光ダイオード)専業メーカーのSeoul Semiconductor Co., Ltd. (本社:韓国安山市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」)は、LED照明市場で高い成長を見せているフィラメント型電球用にLEDパッケージ4製品を量産していると2月7日明らかにした。基本特許を武器にして、市場規模が1,500億円程度と言われるフィラメント型LED電球市場に本格参入する計画である。 ソウル半導体は2000年代初頭からフィラメント型LEDの開発を進めており、現在のフィラメント型LED製品の製造の中核技術であるチップの製造、COBパッケージ...