PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

シュロニガージャパン株式会社のニュース

2019-01-16

シュロニガー、生産能力を15%向上した同軸ケーブルストリップ装置の新製品3機種「CoaxStrip 6X80シリーズ」を販売開始

東京 - 2019年1月11日 - あらゆるワイヤー・ケーブル・ハーネス加工装置・ソリューションの専門メーカーであるシュロニガージャパン株式会社(代表取締役:木鎌三千雄、所在地:東京都稲城市、本社:スイス)は、大容量データの高速伝送が求められる各種用途で利用が拡大する同軸ケーブル並びに単芯・多芯のシールドケーブルの加工向けに、被覆/外部導体を切除(ストリップ)する電線加工装置の...

2018-01-24

シュロニガー、大口径電線ケーブル加工精度を向上するレーザーケーブルストリップ装置「Mercury-5(マーキュリー5)」の販売を開始

東京 - 2018年1月15日 - あらゆるワイヤー・ケーブル・ハーネス加工装置・ソリューションの専門メーカーであるシュロニガージャパン株式会社(代表取締役:木鎌三千雄、所在地:東京都稲城市、本社:スイス)は、大口径電線ケーブルの被覆材をレーザーで切除(ストリップ)する電線加工装置「Mercury-5(マーキュリー5)」を開発、2018年1月17日から東京ビッグサイトで開催の「...

ShieldCut 8100

2016-01-08

これまで手作業に頼っていた多芯シールドケーブルの加工工程を機械化する卓上加工機「ShieldCut 8100」を開発

東京 - 2016年1月8日 - 電線加工機メーカーのシュロニガージャパン株式会社(代表取締役:木鎌三千雄、所在地:東京都稲城市、本社:スイス)は、産業用ロボットや各種産業機械で制御信号の伝送に利用される多芯シールドケーブルに関して、これまで手作業していた加工工程を機械化し作業時間を約1/10に短縮する業界初の加工装置「ShieldCut 8100(シールドカット)」を開発した...

CoaxCenter 6000

2015-01-09

業界初となる 極細同軸ケーブル用 全自動電線加工装置を発売 - 「測長」「切断」「ストリップ」及び「品質検査」「端末処理」を1台で瞬時に処理

東京 - 2015年1月9日 - 電線加工機メーカーのシュロニガージャパン株式会社(代表取締役:木鎌三千雄、所在地:東京都大田区、本社:スイス)は、スマートホンや携帯ゲーム機などで利用が拡大する外径1mm以下の極細同軸ケーブルの、測長・切断・ストリップ(皮むき)および品質検査、端末処理までを高速全自動で行える業界初の加工装置「CoaxCenter 6000(コアックス・センター...