光ファイバー障害の主原因であるコネクター端面の汚れを瞬時に自動合否判定できる、MPOコネクター端面検査スコープ「FI-3000 FiberInspector Pro」を提供開始

2019/03/13

フルーク・ネットワークス

業界初、1回の操作で8~32芯までのMPOコネクター端面の汚れを1芯当たり2秒以下で自動テスト

企業ネットワークの構内LANからデータセンターまで光ファイバー配線からメタル配線ネットワーク・インフラの性能試験用ケーブルテスターを幅広く提供する米フルーク・ネットワークスの日本法人である、株式会社TFFフルーク社(東京都港区、代表取締役:フレデリック・ミシェル、資本金:1億円、以下フルーク・ネットワークス)は、光ファイバー障害の主原因であるコネクター端面の汚れを1芯当たり2秒以下で合否判定できる、オートフォーカス機能を搭載したMPOコネクター端面検査スコープ「FI-3000FiberInspectorPro(ファイバーインスペクター・プロ)」を3月15日に提供開始いたします。

「FI-3000FiberInspectorPro」は、「FI-3000FiberInspectorPro」本体、アクセサリーとして2種類のプローブ・チップ・セット(12/24芯UPCおよび12/24芯APC)が付属し、別途、16/32芯UPCアクセサリーも用意されており、単芯ファイバー検査にも対応でき、LC、SC、1.25mm、2.5mm、およびE2000に対応したオプションのチップも利用可能の他、ケース、充電式バッテリー、および汎用電源アダプターが用意されていいます。価格は850,000円~(税別)となります。

フルーク・ネットワークスでは、初年度における「FI-3000FiberInspectorPro」の売り上げ目標として100台をめざしております。

詳しくはこちら