PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

新製品「Spirit 1030-140」「InSight X3+」「Matisse」を発表

2020/02/14

スペクトラ・フィジックス(株)

2月4日~2月6日、カリフォルニア州サンフランシスコにて開催されておりますPhotonics Westにおいて、Spectra-Physicsは下記の新製品を発表いたしました。


【Spirit 1030-140】
■New Spirit 1030-140は、>600µJエネルギー、>140Wの高出力
■スループットで、超短パルスマイクロマシニングに最適

・140W@1030nmの高出力
・600μJの高エネルギー出力
・シングルショットから30MHzの周波数可変
・パルス幅400fs以下で熱影響の無い最高品質の微細加工を実現
・低コストオペレーション
・24時間運転可能な信頼性


【InSight X3+】
新世代 InSight X3+が深部生体組織イメージング用のアプリケーション市場をリードするパワーを提供

・業界のチューニング範囲全体にわたる高出力、多光子イメージング波長で
 最高のパワー900~1300nm
・市場で最大の設置ベースで実証済みのフィールド、数百の査読済み論文や記事、デモの高信頼性
・最大の柔軟性を実現する幅広いチューニング範囲(680~1300nm)
・2波長同時発振(680~1300nm,1045nm)によるマルチモーダルイメージングに対応
・高ピークパワーで蛍光強度を最大限にするDeepSee(群速度分散補正機構)搭載
・統合されたDeepSeeにより、サンプル部で短パルス化 
・多光子イメージングに最適化された理想的なビーム特性


【Matisse】
狭線幅300nmのチューニング、20kHz未満の線幅で7.2W超の出力

・業界最高の出力7.2W以上
・完全オートメーション化により密閉されたコンパクトデザイン
・ハンズフリーオペレーション
・一つのオプティクスセットで300nmの広帯波長可変域をカバー
・モードホップフリーで50 GHz以上のスキャンニング可能


詳しくは下記URLをご覧ください。
https://www.spectra-physics.jp/topics/page1_355.html