Coffee Lakeプロセッサ搭載 組込みPC KBox B-202-CFL

コントロン ジャパン

低騒音、ハイパフォーマンス

【KBOX B-202-CFL】は、インテル第8世代Coreプロセッサを搭載した組込み用PC。低速で回転するPWM制御の静音ファンを使用した34dB以下の低騒音設計。Q370チップセットを搭載する「Smart Line」と、H310チップセットを搭載する「Value Line」の2モデルを用意し、ともにTDP65WのCore i3/i5/i7プロセッサをサポート。最大2つのPCI Expressスロットにはグラフィックやネットワークなどの拡張カードを装着可能。幅・奥行19cm、高さ12cmのコンパクトな筐体に、2つの2.5インチドライブベイやM.2 SSDソケットなどを装備し、ストレージ環境も充実。RS232シリアルDsubコネクタやキーボードとマウス用に独立したPS/2コネクタを持ち、レガシーな周辺機器にも対応。オフィス、図書館、病院などでも使用できるデータサーバや工場でのエッジ処理装置として、長時間の連続動作に耐える設計となっている。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ

仕様

寸法 190×190×120mm

その他の情報

・使用MB:D3633-S(Smart Line)、D3634-S(Value Line)
・プロセッサ:Intel Core Core i7-8700(6コア、3.2/4.6GHz)、i5-8500(6コア、3.0/4.1GHz)、i3-8100(4コア、3.6GHz)
・メモリソケット:DDR4-SODIMM(最大2x16GB/2666MHz)
・グラフィックス:1×DVI-D、2×DP(Smart Line)、1×DP(Value Line)
・イーサネット:2×RJ45(10/100/1000)
・ストレージ:M.2 Key-M(2242/2260/2280, PCIe/NVMe)、2×2.5インチ(リムーバブルオプションあり)
・拡張スロット:1×PCIe 3.0 x16または2×PCIe 3.0 x8(Smart Line)、1×PCIe 2.0 x16(Value Line)、1×mPCIe
・フロントUSB:2×USB3.1 Gen1
・リアUSB:2×USB3.1 Gen2(Smart Line)、2×USB3.1 Gen1、4×USB2.0(Smart Line)、3×USB2.0(Value Line)
・シリアルポート:1×RS232
・オーディオ:Line-in、Line-out
・OS:Windows10、Linux
・電源:ACアダプタまたは24V DC(オプション)
・動作温度:0~45℃

その他のカタログ

COMe-bDV7

COMe-bDV7データシート

TRACeシリーズ
3.5インチECX SBC
pITX-APL
Intel Atom Processors
10.1インチ堅牢タブレット KT-RT-BT
COMe-cVR6
COMe-bCL6

会社情報

コントロン ジャパン

コントロンは、組込みコンピューティング技術(ECT)のグローバル・リーダーです。S&Tグループの一員であるコントロンは、Internet of Things(IoT) および Industry 4.0アプリケーション用のセキュアなハードウェア、ミドルウェア、およびサービスの統合されたポートフォリオを提供します。コントロンは最先端の標準製品とアプリケーションに特化した製品を提供することで業界を問わず新しい技術とアプリケーションをもたらします。その結果、製品の商品化(TTM)の加速、トータルコスト(TCO)の削減、長期にわたる製品供給、最先端で信頼性の高い組込み技術により、アプリケーション全体が最良なものとなります。

コントロン ジャパン
〒1500002
東京都 渋谷区渋谷2-10-15 エキスパートオフィス渋谷1006
電話: 03-6433-5432
http://www.kontron.jp/