Designed by Fujitsu」Box-PC用のSMARTCASE(TM)ソリューション

2020/02/05

コントロン ジャパン

Kontronマザーボード用のモジュール式で柔軟なシャーシキット

アウグスブルク、2020/2/5 - IoT / Embedded Computing Technology(ECT)のグローバルプロバイダーであるKontronは、実績のある富士通のSMARTCASE(TM)シャーシキットをポートフォリオに追加し、製品範囲を拡大しました。 現在、S500、S520、S700、S710、およびS720の5種類のKontron SMARTCASE(TM)が利用可能です。これらは、「Designed by Fujitsu」Kontronマザーボードで構成される完全に組み立てられたBox-PCの基盤として機能し、顧客の仕様に応じたクーリングとハウジングを含みます。 2020年の第2四半期内に、KontronはAMD Embedded V1000 / R1000シリーズプロセッサを搭載したmITXボードD3713-V / R用の別のSMARTCASE™、S711を発売します。これにより、開発者は高度なテスト作業なしで、迅速かつ簡単に完全なシステムを実装できます。これにより、コストが削減され、市場投入までの時間が短縮されます。

すべてのSMARTCASE(TM)シャーシキットについて、ハウジング、マザーボード、およびクーリングソリューションは、システムレベルで相互に最適に調整され、環境試験とCE認定を受けています。これにより、時間と費用のかかる一回限りの費用を節約し、法的要件に違反するリスクを軽減できます。

一連の複合工具を使用したハウジングの連続生産により、SMARTCASE(TM)モデルは高い製造品質と魅力的な価格で際立っています。アンテナ付きWifiモジュール(もちろん、RED認定)、COM用延長ケーブル、USB Type C、ACアダプター(外部および内部使用の両方)、冷却ソリューションおよび取り付けキットで構成される広範なアクセサリーは、広範なカスタマイズオプションを提供します。

Mini-STXマザーボード用のSMARTCASE(TM)S5xxは、わずか36 mmの全高とわずか0.9リットルのハウジング容積で最小寸法に優れています。それにもかかわらず、これらのケースは、グラフィックス、イーサネット、USB、COMなどの広範な接続を提供します。 S500はD3544-Sシリーズの産業用マザーボード向けに設計されており、S520はD3654-BおよびD3664-Bマザーボードに適合しています。

拡張可能な拡張性を備えながらもコンパクトなデザインのアプリケーションには、Mini-ITX形式のマザーボード用のS7xxシリーズのSMARTCASE™ソリューションが理想的です。
S700は、D3543-Sシリーズのマザーボードに適しています。 D3313-SのS710は、アクティブクーラーとパッシブクーラーの幅広い選択により、拡張温度範囲での使用に特に適しています。

S720には、D3433-S、D3434-S、D3633-SおよびD3634-Sの4つのマザーボードを搭載できます。 PCIe拡張カード用のロープロファイルスロットと2.5インチドライブスロットのおかげで、コンパクトな設計にもかかわらずシステムを簡単に拡張できます。

-------------------------------------------
詳細については、https://www.kontron.com/products/boards-and-standard-form-factors/motherboards/smartcases/をご覧ください。