PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?
生産装置・製造プロセスで見えなかった瞬間をスーパースローモーションで可視化

カーボンファイバー3Dプリンターを新発売

2017/03/01

(株)ディジタル・ストリームス

株式会社ディジタル・ストリームスは2017年3月1日より、米国Markforged(マークフォージド)社製カーボンファイバー3Dプリンターのデモと販売を開始しました。
鉄と比較し、4分の1の軽さ、10倍の強度を持つカーボンファイバーの難点は、加工が非常に困難な事です。
そのカーボンファイバーを世界で初めて出力可能としたMarkforged社製3Dプリンターは、アルミに代わる軽さと強さを求める小ロット多品種の部品製造に欠かせない装置となります。
従来の3Dプリンタは試作が主な使用用途でしたが、近年様々な材料が使用が可能となり、試作だけではなく製品部品そのものを作るトレンドに移行し始めています。
Markforged社製3Dプリンターは、オニキス、ナイロン、カーボンファイバー、ケブラー、ファイバーグラスといった材料を用いて「部品」レベルの造形物の製造が可能です。
ソフトウェアのEigerはブラウザー経由のクラウド型ソフトウェアで、OSの種類は問いません。
ネット環境さえあれば有線/無線を問わず容易に使うことが可能で、クラウド型のソフトウェアEigerとセンサーで造形物をスキャンしながら、インク抽出ヘッドを調整していきます

製品ラインナップ
1.Mark Two
解像度(Z方向の積層ピッチ):100μ
造形サイズ:320×132×154mm
仕様可能材料:オニキス、ナイロン、ファイバーグラス、カーボンファイバー、HSHTファイバーグラス、ケブラー

2.Onyx Pro
ABSより高強度を誇るOnyx。冶具、固定具などのパーツの製造には最適です。
解像度(Z方向の積層ピッチ):100μ
造形サイズ: 320×132×154mm
仕様可能材料:オニキス、ファイバーグラス

■デモルーム開設
2017年3月1日よりディジタル・ストリームス(東京都文京区湯島)にてデモをご覧頂く事が可能です。
実機、造形物や造形風景を見ることが可能です。

■造形コンサルティング
弊社では十数年間3Dプリンターに携わってきた経験豊富な技術者がおり、造形に関する相談やアドバイスをする事が可能です。「どの作り方が低コストで製造できるか」、「どうしたら効率よく作れるか」、「どの素材が最適か」といった疑問やCADデータの作成、さらに造形物の後処理等まで造形に関するあらゆるサポートもしております。3Dプリンターに関することでしたら、是非弊社にお問い合わせ下さい。
PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ