キャビネットガード M12-CCMシリーズ

TURCK Japan(タークジャパン)(株)

生産現場でのセキュリティ対策と予兆保全をサポートするIO-Linkデバイス

【キャビネットガード M12-CCMシリーズ】はコントロールボックス内に搭載し、ドアの開閉、温度、湿度を管理します。ドアの開閉を管理することは、生産設備に重要なコントローラや制御機器のデータ改ざん防止、ネットワークへの不正アクセス防止など生産現場のセキュリティ対策をサポート。また、コントロールボックス内の温度や湿度の変化は、制御機器の不具合を誘発する可能性があり、規定した温度・湿度範囲を逸脱した場合に警報信号を出力し、不意なシステムダウンを事前に防ぐことができるキャビネットガード。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ

製品カタログ

IO-Linkデバイス キャビネットガード

キャビネットガードIM(X) 12-CCM(キャビネット状態監視)は、事実上どのようなキャビネットや保護エンクロージャにも取り付けたり組み込むことが可能で、提供されている現在の保護等級を継続的に確認できます。

洗浄工程対応近接センサ uprox+WDシリーズ
渦電流式変位センサ(アナログ出力近接センサ)
非接触式ロータリーエンコーダ QR24シリーズ
溶接ナット検出センサ NIMFEシリーズ
マルチプロトコル対応ブロック型リモートI/O フィールド ロジック コントローラ機能
電磁式液体用流量センサ FCMI
TURCK社 製品一覧

動画

会社情報

TURCK Japan(タークジャパン)(株)

TURCK(ターク)は、ドイツに本社を置き、近接センサなど15,000種類以上の各種FA用センサ、コネクタ関連製品、伝送カプラ、インターフェース製品や各種フィールドバス製品を世界87ヵ国以上で販売。

お客様の生産性向上の為、最新のソリューション提案を行なっております。

TURCK Japan(タークジャパン)(株)
〒1010041
東京都 千代田区神田須田町2-13-12 秋芳ビル6F
電話: 03-5298-2128
https://www.turck.jp/ja/