PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?

ビシェイ社、バリスタの新シリーズを発表、13kAまでの高サージ電流、UL認証で+125℃までの動作

2019/06/27

ビシェイジャパン(株)

ビシェイ・インターテクノロジー社(米国ペンシルバニア州、NYSE:VSH、日本法人:ビシェイジャパン株式会社、東京都渋谷区、代表取締役社長:小澤政治)は本日、UL 1449(第4版)VDE/IEC 61051-1/2に基づき+125℃までの動作が認証されたVDR金属酸化物バリスタ(MOV)の新シリーズを発表しました。

ビシェイBCcomponentsブランドのVDRUSシリーズは前世代デバイスと比べてサージ電流が30%高く、民生品や産業用途で過電圧および過渡電圧保護を提供する目的で設計されています。

本日リリースされたデバイスは、2本の純銅製リードまたはスズめっきの艶消し仕上げが施された銅覆鋼線付きの高純度酸化亜鉛ディスクから構成され、7mm、10mm、14mm、20mmの標準サイズで提供されます。バリスタはUL94-V0認証の難燃性のシリコンラッカーでコーティングされ、電気、機械、気候からの保護を提供し、高温性能を実現します。

VDRUSシリーズは、1.8kA~13kAのサージ電流、115VAC~680VACの定格電圧、19J~720Jのエネルギー吸収を提供し、ストレートまたはクリンプリードで提供されます。ストーブや洗濯機等の家電のパワーコントローラー、AC/DCコンバータやブレーカー等の産業アプリケーションのパワーコントローラーや入力フィルタとして最適です。

RoHSに準拠するハロゲンフリー品で、自動ピック&プレース装置に対応しており、ウェーブはんだ付け、ピン・イン・ペーストのリフローはんだ付けプロセスと互換性があります。

サンプルおよび製品は既にご提供可能で、量産時の標準納期は6~8週間です。

ビシェイ・インターテクノロジー社について
ビシェイ・インターテクノロジー社はニューヨーク株式市場上場(VSH)のフォーチュン1000企業で、世界最大手のディスクリート半導体(ダイオード、MOSFET、赤外線オプトエレクトロニクス等)および受動電子部品(抵抗製品、インダクタ、コンデンサ等)メーカーのひとつです。同社の部品はコンピュータ、自動車、コンシューマー、通信、軍用、航空宇宙、電源、医療等多種多様な界の製品に組み込まれています。ビシェイは革新的な製品、企業買収における優れた戦術、「ワンストップショップ」サービスで、業界のリーダーとしての地位を確固たるものにしています。詳細は、ビシェイ社のホームページをご参照ください。http://www.vishay.com