PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

ビシェイ社、新しい位置センサーを発表、ロボット、精密産業機器、軍用アプリケーション向けに高信頼性と高解像度を提供

2019/10/08

ビシェイジャパン(株)

直径60 mmのデバイスが、13ビット以上の精度、19ビットの解像度、16ビット以上の再現性を実現

ビシェイ・インターテクノロジー社(米国ペンシルバニア州、NYSE: VSH 、日本法人:ビシェイジャパン株式会社、東京都渋谷区、代表取締役社長:小澤政治)は本日、従来のアブソリュートエンコーダーより高い性能を持ち、従来のホール効果センサーより解像度と精度が向上された精密級の位置センサーを、産業用ロボットやその他要件の厳しいアプリケーション向けに発表しました。回転式アブソリュート磁気エンコーダーRAMK060は高度な非接触型技術を採用し、13ビット以上の精度、19ビットの解像度、なおかつ16ビット以上の再現性を実現しながら、外部の磁場、湿気、空気汚染、振動、機械的衝撃、温度変化に対する耐久性を維持します。このデバイスは360°の電気的な角度が有効で、動作温度範囲は-40℃ ~ +85℃、お客様からの要望に応じてさらに高温動作品のカスタム提供も可能です。

RAMK060の回転子と固定子のキット設計デザイン、軸外デザイン(中空シャフト実装用)、6.5 mmの低背、55g以下の軽量といった特長により、スペース制限がありながら精密な角度位置検出が求められるアプリケーションに最適です。RAMK060の外径は60 mm、内径は25 mmです。他にも、電源オフ時のバックアップバッテリーへの接続などのいくつかのマルチターン版や、SPI、SSI、Biss-C出力信号が利用可能です。

RAMK060に使われているデザインはビシェイが持つ特許を使用し、より正確に再現性が要求されるアプリケーションに最適です。使用例としては産業用ロボット、協働ロボットのアームのジョイント部、無人搬送車のステアリングホイールや、印刷、織物製造、フライス加工に使用される機械ツールなどがあります。

RAMK060の主な利点は下記になります:
• 機械的不整合を補う自己較正機能
• 内蔵されたセルフモニタリング機能
• 電源オフ前の最後の絶対位置の記憶

この製品のアーキテクチュアは、最高の性能を安全に実現します。

標準納期は16週間です。尚、サンプルをご要望の場合、mcbprecisionpot@vishay.com.にお問い合わせください。

ビシェイ・インターテクノロジー社について
ビシェイ・インターテクノロジー社はニューヨーク株式市場上場(VSH)のフォーチュン1000企業で、世界最大手のディスクリート半導体 (ダイオード、MOSFET、赤外線オプトエレクトロニクス等)および受動電子部品 (抵抗製品、インダクタ、コンデンサ等) メーカーのひとつです。 同社の部品はコンピュータ、自動車、コンシューマー、通信、軍用、航空宇宙、電源、医療等多種多様な界の製品に組み込まれています。ビシェイは革新的な製品、企業買収における優れた戦術、「ワンストップショップ」サービスで、業界のリーダーとしての地位を確固たるものにしています。 詳細は、ビシェイ社のホームページをご参照ください。http://www.vishay.com