PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

ビシェイ社、AC・パルスフィルムコンデンサを発表、AEC-Q200 (Revision D)準拠、THB試験に認定

2019/11/19

ビシェイジャパン(株)

~ハイブリッド、電気自動車向けの車載グレードメタライズドポリプロピレンデバイス、+125℃までの高温動作が特長~

ビシェイ・インターテクノロジー社(米国ペンシルバニア州、NYSE:VSH、日本法人:ビシェイジャパン株式会社、東京都渋谷区、代表取締役社長:小澤政治)は本日、ハイブリッド、電気自動車向けの車載グレードメタライズドポリプロピレンACフィルムコンデンサの新シリーズを発表しました。ビシェイBCcomponentsブランドのMKP385eは高温湿度バイアス(THB)試験(60℃、93%相対湿度、定格電圧で56日間の規定)に合格し、IEC 60384-17およびAEC-Q200(Revision D)に準拠しています。

本日リリースされたラジアル樹脂ケース型コンデンサは、厳しい環境でも、長寿命で安定した高パルスとリップル電流性能を保証することを目的に設計されています。この高信頼性のデバイスは小型パッケージにより高密度を実現し、車内および電磁誘導充電、バッテリー管理、キーレスシステム、スナバ、共振コンバータ、電源などに最適です。

MKP385eは400VDC~2500VDCの8種の定格電圧で提供されます。630VDC以下のデバイスは単一構造、630VDC以上のデバイスは直列フィルム構造を特長とします。0.001µF~15µFの静電容量範囲、4mΩの低ESR値、19.3Aまでの高リップル電流を提供します。デバイスはRoHSに準拠しており、要望に応じたカスタイマイズの提供も可能です。

サンプルおよび製品は既にご提供可能で、量産時の標準納期は10~13週間です。

ビシェイ・インターテクノロジー社について
ビシェイ・インターテクノロジー社はニューヨーク株式市場上場(VSH)のフォーチュン1000企業で、世界最大手のディスクリート半導体(ダイオード、MOSFET、赤外線オプトエレクトロニクス等)および受動電子部品(抵抗製品、インダクタ、コンデンサ等)メーカーのひとつです。同社の部品はコンピュータ、自動車、コンシューマー、通信、軍用、航空宇宙、電源、医療等多種多様な界の製品に組み込まれています。ビシェイは革新的な製品、企業買収における優れた戦術、「ワンストップショップ」サービスで、業界のリーダーとしての地位を確固たるものにしています。詳細は、ビシェイ社のホームページをご参照ください。http://www.vishay.com