PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

ビシェイ社、高速IRエミッタを発表、30%高い放射強度、不要な側面発光を排除

2019/11/21

ビシェイジャパン(株)

~850nm、890nm、940nmデバイス、13mW/srの放射強度、-40℃~+110℃の温度範囲
透明の側壁が特長の小型0805 SMDパッケージで提供~

ビシェイ・インターテクノロジー社(米国ペンシルバニア州、NYSE:VSH、日本法人:ビシェイジャパン株式会社、東京都渋谷区、代表取締役社長:小澤政治)は本日、オプトエレクトロニクスの新製品を発表しました。新製品は透明の側壁が特長の業界最小2×1.25×0.8mm 0805表面実装パッケージの高速IRエミッタです。VSMY5850X01(850nm)、VSMY5890X01(890nm)、VSMY5940X01(940nm)はSurfLight™面発光チップ技術を採用し、前世代デバイスと比べて30%高い放射強度、-40℃~+110℃の幅広い温度範囲を提供します。

従来のPCBパッケージはエミッタチップの組み込みに透明のエポキシを使用するため、カメライメージにハローエラーの原因となる側面発光が発生します。本日リリースされたIRエミッタは不要な側面発光を排除し、ゴムリングなどの外付けバリアをなくすことで設計の簡素化に貢献、仮想、拡張現実アプリケーションの位置追跡に最適です。

全方向に発光する標準IRエミッタとは異なり、SurfLight VSMY5850X01、VSMY5890X01とVSMY5940X01はチップの上面からほぼ全ての光を放射します。光の大部分が表面に集中することで13mW/srの強い放射強度を実現し、近接センサー、光スイッチ、小型光バリアの用途に最適です。高輝度のデバイスは±60°の指向半値角、7nsの高速な立ち上がり/立下り時、100mAで1.6Vの低順方向電圧を提供します。

新デバイスは厳しいAEC-Q101に準拠する車載アプリケーション向けに認定、フロアライフは168時間、J-STD-020準拠の吸湿レベル(MSL)3を満たします。鉛フリーリフローはんだ付けに対応、ビシェイ社の「グリーン」標準に適合しRoHS準拠のハロゲンフリー品です。  
 
サンプルおよび製品は既にご提供可能で、量産時の標準納期は10週間です。

「Surlight」は、ビシェイ社の登録商標です。

ビシェイ・インターテクノロジー社について
ビシェイ・インターテクノロジー社はニューヨーク株式市場上場(VSH)のフォーチュン1000企業で、世界最大手のディスクリート半導体(ダイオード、MOSFET、赤外線オプトエレクトロニクス等)および受動電子部品(抵抗製品、インダクタ、コンデンサ等)メーカーのひとつです。同社の部品はコンピュータ、自動車、コンシューマー、通信、軍用、航空宇宙、電源、医療等多種多様な界の製品に組み込まれています。ビシェイは革新的な製品、企業買収における優れた戦術、「ワンストップショップ」サービスで、業界のリーダーとしての地位を確固たるものにしています。詳細は、ビシェイ社のホームページをご参照ください。http://www.vishay.com