PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

ビシェイ社、コモンドレイン・デュアルNチャネル60V MOSFETを発表、電力密度と効率性を向上

2019/12/12

ビシェイジャパン(株)

~標準10mΩのRS S(ON)と面積当たりRS-S(ON)は業界最小24Vシステムの双方向スイッチングに最適~

ビシェイ・インターテクノロジー社(米国ペンシルバニア州、NYSE:VSH、日本法人:ビシェイジャパン株式会社、東京都渋谷区、代表取締役社長:小澤政治)は本日、コモンドレイン・デュアルNチャネル60V MOSFETを、耐熱性の高いPowerPAK® 1212-8SCDパッケージで発表しました。ビシェイSiliconixブランドのSiSF20DNは業界最小のRS-S(ON)を60Vコモンドレインデバイスで提供し、バッテリー管理システム、プラグインおよび無線充電器、DC/DCコンバータ、電源アプリケーション向けに電力密度と効率性を向上する目的で設計されています。

本日リリースされたデュアルMOSFETは、3×3mm 60Vデバイスとしては最小の10Vで標準10mΩのRS-S(ON)を提供します。これは、同じ実装面積で2番目に良い数値と比べて42.5%、ビシェイの前世代デバイスと比べて89%も低い数値です。結果として、電気経路における電圧降下の削減と電源損失の軽減により効率性を向上します。SiSF20DNのRS1S2(ON)と面積の積は、より大きな6×5mmソリューションを含めた2番目に良いMOSFETと比べても46.6%低いのが特長です。

新デバイスは、コモンドレイン設計で2つのTrenchFET® Gen IV NチャネルMOSFETをモノリシックに統合した最適化されたパッケージによりPCBスペースと部品数の削減、設計の簡素化に貢献します。SiSF20DNのソースコンタクトは隣り合わせに配置され、拡大した接続端子がPCBとの接触面を増加し、従来のデュアルパッケージデバイスと比べて抵抗値を削減します。MOSFETのこの特長的なデザインにより、24Vシステムや、ファクトリーオートメーション、パワーツール、ドローン、白物家電、ロボット、セキュリティ/監視、煙探知器などの産業アプリケーションの双方向スイッチング用途に最適です。
SiSF20DNは全数RgおよびUIS試験済、RoHSに準拠するハロゲンフリー品です。

サンプルおよび製品は既にご提供可能で、量産時の標準納期は30週間です。

「PowerPAK」はシリコニクス社の登録商標です。

ビシェイ・インターテクノロジー社について
ビシェイ・インターテクノロジー社はニューヨーク株式市場上場(VSH)のフォーチュン1000企業で、世界最大手のディスクリート半導体(ダイオード、MOSFET、赤外線オプトエレクトロニクス等)および受動電子部品(抵抗製品、インダクタ、コンデンサ等)メーカーのひとつです。同社の部品はコンピュータ、自動車、コンシューマー、通信、軍用、航空宇宙、電源、医療等多種多様な界の製品に組み込まれています。ビシェイは革新的な製品、企業買収における優れた戦術、「ワンストップショップ」サービスで、業界のリーダーとしての地位を確固たるものにしています。詳細は、ビシェイ社のホームページをご参照ください。http://www.vishay.com