PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

ビシェイ社、近接センサーを発表、6µAの低消費電力を2.55×2.05×1.0mm SMDパッケージで提供

2020/01/16

ビシェイジャパン(株)

~コンシューマー、産業アプリケーションに最適~

ビシェイ・インターテクノロジー社(米国ペンシルバニア州、NYSE:VSH、日本法人:ビシェイジャパン株式会社、東京都渋谷区、代表取締役社長:小澤政治)のオプトエレクトロニクス部門は本日、コンシューマー、産業アプリケーション向けに効率と性能を向上する目的で設計された完全統合型の近接センサー2種を発表しました。VCNL36821SとVCNL36826SはそれぞれIRエミッタ、高電力垂直共振面発光レーザー(VCSEL)を特長とし、フォトダイオード、信号処理IC、12ビット ADCを小型2.55×2.05×1.0mm表面実装パッケージに内蔵します。

本日リリースされたセンサーは、前世代の製品と比べてより低コストの小型パッケージで提供され、イヤフォン、VR/ARヘッドセットの装着の検知など、スペース制限のあるバッテリー式アプリケーションに最適です。検出距離は300mm、玩具やコンシューマー、産業用ロボットの衝突防止にも利用可能です。VCNL36821SとVCNL36826Sは、最小6µAの低消費電力を特長とし、これらのアプリケーションにて効率性を向上します。

I2Cバス通信インタフェースにより、近接信号へのアクセスが容易です。プログラム可能なインタラプト機能でしきい値の高・低を設定することで、マイクロコントローラとの連続的な通信を軽減します。インテリジェントなキャンセル機能でクロストークを排除し、スマートな持続構造により高い検出精度と高速の応答時間を実現します。IREDとVCSELのピーク波長は940nmで、「red-tail」が発生することはありません。

VCNL36821SとVCNL36826Sは-40℃~+85℃にて優れた温度補償安定性を提供、JSTD-020による吸湿レベル(MSL)3を満たし、フロアライフは168時間です。RoHS準拠のハロゲンフリー品でビシェイ社の「グリーン標準」に適合します。


<デバイス仕様表>
部品番号:VCNL36821S、VCNL36826S
機能:PS+IRED、PS+VCSEL
パッケージサイズ(mm):2.55×2.05×1.0
供給電圧(V):1.7~3.6、2.62~3.6
I2Cバス電圧(V):1.7~3.6
駆動電流(mA):156(IRED)、20(VCSEL)
動作範囲(mm):300~200
消費電力(µA):13~500、6~150
近接解像度:12bits

サンプルおよび製品は既にご提供可能で、量産時の標準納期は12週間です。

ビシェイ・インターテクノロジー社について
ビシェイ・インターテクノロジー社はニューヨーク株式市場上場(VSH)のフォーチュン1000企業で、世界最大手のディスクリート半導体(ダイオード、MOSFET、赤外線オプトエレクトロニクス等)および受動電子部品(抵抗製品、インダクタ、コンデンサ等)メーカーのひとつです。同社の部品はコンピュータ、自動車、コンシューマー、通信、軍用、航空宇宙、電源、医療等多種多様な界の製品に組み込まれています。ビシェイは革新的な製品、企業買収における優れた戦術、「ワンストップショップ」サービスで、業界のリーダーとしての地位を確固たるものにしています。詳細は、ビシェイ社のホームページをご参照ください。http://www.vishay.com