PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

アルデックの新しいFPGAベースのNVMeデータストレージソリューションは、ハイパフォーマンス・コンピューティング・アプリケーションがターゲット

2019/12/13

アルデック・ジャパン(株)

Henderson, USA - 2019年12月12日 - HDL混在言語シミュレーションとFPGAおよびASICのハードウェア・アシステッド・ベリフィケーションのパイオニアであるAldec、Inc.(以下「アルデック」)は、高頻度取引や機械学習などのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)アプリケーションの開発を支援する、強力かつ多用途で時間を節約することが可能なFPGAベースのNVMeデータストレージソリューションを発売しました。

このソリューションには、Aldec TySOM組込みプロトタイピングボード、最大8枚スタック可能な高帯域幅、低遅延のFMC-NVMeドーターカード、および開発者がプロジェクトを迅速に立ち上げることが可能なリファレンスデザイン(ソースファイルとバイナリを含む)が含まれます。

マーケティングディレクター Louie De Lunaのコメント:
「NVMe SSDは、FPGAと同様に並列処理、速度とプログラム可能性を備え、さらにMPSoC FPGAがARMプロセッサコアを搭載しているため、幅広いハイパフォーマンス・コンピューティング・アプリケーションで非常に人気があります。当社の最新FPGAベースの組込みソリューションは、NVMeとFPGAのパワーと利点を組合わせたシステムを開発するエンジニアを対象としています。」

アルデックの多彩なFPGAメザニンカードへの最新の追加であるFMC-NVMeは、4つの不揮発性メモリエクスプレス(NVMe)インターフェイスを提供します。これらはMicrosemi PM8532 PCIeスイッチに接続し、標準FMCコネクタを使用してPCIe x8 GEN3インターフェースを介してキャリアカードへの接続を提供します。FMC-NVMeドーターカードはボードスタッキングをサポートしてるため、最大8枚のスタックで最大32個のNVMe SSDスロットのアクセス可能です。

HPCアプリケーション開発者の負担を軽減するために、アルデックはTySOM-3A-ZU19EGまたはTySOM-3-ZU7EV組込み開発ボードで使用できるリファレンスデザインを用意しています。どちらもXilinx® Zynq™ UltraScale+ MPSoCテクノロジをベースにしており、DDR4システムメモリコントローラーを備えた高性能アプリケーションプロセッサー(APU)と、プログラマブルロジックパーツに強化されたコンフィグレーション可能なPCIe GEN3ブロックが組み込まれています。これらの機能により、ボードはNVMeプロトコルの基礎となる物理層の要件を満たすため、PCIeルートコンプレックス・ソリューションの豊富な機能を備えたルートポートを実装できます。