PR
◆耐摩耗性、メンテナンス性、高粘度液・高濃度スラリーの移送に優れたスラリーポンプ
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?

デュアルチャネルセンサ ZOPT2201

日本アイ・ディー・ティー(同)

UVB検知機能とALS技術を搭載

【ZOPT2201】は、UVB検知機能と周辺光の強度を正確に測定するALS技術が搭載された、デュアルチャネルセンサ。ウェアラブルデバイスや各種モバイルテクノロジー製品において次世代のヘルスケア/健康管理機能を実現し、さらに画面制御用に光を測定する機能も備えている。マルチセンサシステムの「コンテキストアウェアネス」機能もサポートしており、屋内/屋外の状況を検知することが可能。LGA6(2.0×2.2×0.7mm)パッケージでコンパクト。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
デュアルチャネルセンサ ZOPT2201

その他の情報

●主な特長
・カウントあたり最低0.022µW/cm2の高UV感度
・先進的なパッケージング技術(特許出願中)による超低VIS/IR感度
・人間の目の反応に厳密に合致し、さまざまな光源に対して優れたルクス精度を実現する統合ALSスペクトル
・さまざまな角度の光入射に対して極めて安定したスペクトル応答
・絶対感度:0.008~157,000ルクス
・紫外線指数(UVインデックス)の線形測定(1~11+)、精度±1UVI
・最適化された温度補償
・50Hz/60Hzフリッカ低減
・蛍光灯フリッカ低減

●スマートフォン/ウェアラブルデバイスプラットフォーム向けの主な用途
・太陽の紫外線に対する過剰曝露/曝露不足を検出
・周辺光に応じてディスプレイを調整
・屋内/屋外のコンテキストアウェアネスを実現

関連製品カタログ

透過型フォトセンサ KI5120/KI5121/KI5130/KI5131

フロー半田付け対応のフォトインタラプタ

透過型フォトセンサ KI3750/KI3751/KI3760/KI3761
透過型フォトセンサ 防塵タイプ KI5220/KI5221
シリコンフォトダイオード KD1366
分離型フォトセンサ KB3881/KB3882
超小型反射型フォトセンサ KR3140
透過型フォトセンサ ギャップ幅広 防塵タイプ KI5230/KI5231
反射型フォトセンサ 光変調タイプ KR3331

会社情報

日本アイ・ディー・ティー(同)

IDT社(Integrated Device Technology, Inc.、NASDAQ:IDTI)はタイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。

日本アイ・ディー・ティー(同)
〒1050012
東京都 港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
電話: 0364533010
https://ja.idt.com/
PR
電源不要! 技術も不要! 色の変化で温度・紫外線・結露がわかる示温材