PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

流量センサモジュール FS1012/FS2012

日本アイ・ディー・ティー(同)

SiCコーティングにより、優れた堅牢性と高信頼性を提供

【FS1012/FS2012】は、液体と気体の両方に適したMEMSベースの高性能デジタル流量センサモジュール。可動部品および空洞部を覆う壊れやすい隔膜がないうえ、SiCコーティングで保護し、詰まりや液体に対する感圧性を排除。優れた耐衝撃性に加え、化学物質によるセンサ素子の損傷を防止。食品グレードにも対応しており、二次汚染が重大な要素となる用途に最適。誤差をわずか2%に抑えた高精度測定が可能。-40~125℃の広い動作温度範囲、3~5Vという汎用性の高い供給電圧範囲により、システム設計の統合における制約を緩和。FS1012はアナログ出力を備えた未校正のスタンドアロン型。FS2012は完全校正済みバージョンで、アナログからデジタルへのコンバータを内蔵しているほか、温度補正回路により複雑なデジタルシステムにおけるプラグアンドプレイ使用が可能。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
流量センサモジュール FS1012/FS2012

仕様

用途 飲料ディスペンサ、点滴静注モニタ、酸素モニタ、マスエアフローセンサ、各種プロセス機器に使われるガス流量モニタなど。

関連製品カタログ

【技術仕様書】流量スイッチ フローファントT DTT31/DTT35

工業プロセスにおける質量流量と温度の安全監視用流量スイッチ。

ロータ式流量センサ RFシリーズ カタログ
EGE社製 微小流量用インライン流量センサ SDN503
タービン式流量計 LT・CTシリーズ
化学プラント計装最適化へのご提案
レベルスイッチ(フロートスイッチ)
クランプオン形超音波流量計 NU2 仕様書
静電容量式電磁流量モニタ エフモ(FMO)

会社情報

日本アイ・ディー・ティー(同)

IDT社(Integrated Device Technology, Inc.、NASDAQ:IDTI)はタイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。

日本アイ・ディー・ティー(同)
〒1050012
東京都 港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
電話: 0364533010
https://ja.idt.com/