耐高熱ダイアタッチエポキシ EP17HTDA-1

Master Bond Inc.

NASA低アウトガス基準適合

【EP17HTDA-1】は、NASAの低アウトガス基準に適合したダイアタッチ用の1液型のエポキシ。ボンディングやシーリング用途にも使用できる。ダイアタッチに理想的な粘度と流動性を有し、高いガラス転移温度と優れた電気絶縁性を備え、硬化時の発熱も低い。ダイシエア強度は24~27kg-fで、4~400mm2の典型的なダイサイズに使用できる。使用温度範囲は-80~+600°F(-62~+316℃)と熱耐性が非常に高く、ガラス転移温度は195~205℃。また熱伝導率は9~10 BTU・in/ft2・hr・°F(1.30~1.44W/(m・K)]。酸、塩基、塩、燃料、石油や多くの溶剤など、化学薬品に対する耐性も備えている。

耐高熱ダイアタッチエポキシ EP17HTDA-1

会社情報

Master Bond Inc.

Master Bondは米国に拠点をおく、高性能な接着剤、シーラント、コーティング、ポッティング剤、封入コンパウンド、含浸用レジンなどのリーディングメーカーです。1976年にDr.Walter Brennerによって設立され、以来、エポキシ、シリコン、ポリウレタン、ポリスルフィド、UV硬化などで、最高の接着システム製品を開発すべく努めてまいりました。その過程で、多くのユニークな性質をもつ革新的な製品を創りだすことにも成功いたしました。現在では3,000を超える特製製品を製造しており、また競合社が廃番にした製品の代替品もご提供しております。

ここに掲載されている各製品のリンクから弊社サイトの製品掲載ページにいくことができます。詳細情報の閲覧やデータシートなどをダウンロードしていただけます。(ダウンロードにはご登録が必要です)

Master Bond Inc.
154 Hobart Street, Hackensak, NJ 07601 USA
https://www.masterbond.com/