PR
豊富な金属接合材料を取り扱い!お困りのお客様はこちらをクリック! ニホンハンダ(株)
◆耐摩耗性、メンテナンス性、高粘度液・高濃度スラリーの移送に優れたスラリーポンプ

アールエスコンポーネンツ株式会社

アールエスコンポーネンツ株式会社の製品

アールエスコンポーネンツ株式会社のニュース

2018-02-22

Raspberry Pi用 超広角カメラモジュールVR220の販売を開始

日本、2018年2月21日- Raspberry Pi(ラズベリーパイ)の国内総代理店であるアールエスコンポーネンツ株式会社(日本法人本社:神奈川県横浜市、代表取締役:横田親弘)は、Raspberry Pi用超広角カメラモジュール「VR220」の販売を本日2月21日から開始しました。 「VR220」(RS品番:167-5922, 163-3895)は、ロボット開発を手掛けるレックデザイン株式会社と、業務用カメラレンズメーカー株式会社インタニヤによってRaspberry Pi向けに共同開発された、超広角レンズ搭載360度パノラマVR撮影用カメラモジュールです。 既存のカメラモジュール...

2010-08-30

エンジニアのための工業部品カタログ 「RS総合カタログVol.18」発刊

半導体を含めた新製品10000点を追加、全82000点を掲載 工業用電子部品のカタログ販売会社、アールエスコンポーネンツ(本社:神奈川県横浜市、代表取役社長:兵頭克邦)は年刊「RS総合カタログVol.18」(有効期限2010年9月〜2011年8月)を2010年9月1日に発刊する。 年刊「RS総合カタログVol.18」は、ペーパーカタログとオンラインカタログ(「RSオンライン」http://rswww.co.jp)の2形態で展開する。ペーパーカタログの年刊「RS総合カタログVol.18」は掲載商品数82.000点で2.472ページの体裁となり。入手方法は電話、FAX,インターネットからの申し...

2010-08-30

エンジニア向けコミュニティサイト「デザインスパーク」を開設し、無料設計ツール「デザインスパークPCB」の提供を開始

工業用電子部品のカタログ販売会社、アールエスコンポーネンツ(本社:神奈川県横浜市、代表取役社長:兵頭克邦)は2010年9月1日(水)より、エンジニア向けコミュニティサイト「デザインスパーク」を開設し、無料設計ツール「デザインスパークPCB」の提供を開始する。 「デザインスパーク」は、説計エンジニアを対象に、様々な設計ツールの提供及び技術情報の共有を目的とするコミュニティサイト。「デザインスパーク」の登録ユーザーは、製品及び開発キットのレビューや技術知識の共有など、開発設計に役立つ様々な最新情報の投稿及び閲覧ができ。また本サイトでは、EDP(組み込み開発プラットフォーム)、MBED,LED照明...

2008-09-05

年刊「RS総合カタログ Vol.16」2008年9月1日(月)発刊

  工業用部品のカタログ販売会社、アールエスコンポーネンツ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:浜本 宏、資本金1億円)は、年刊「RS総合カタログ Vol.16」(有効期限:2008年9月〜2009年8月)を2008年9月1日(月)発刊します。 年刊「RS総合カタログ Vol.16」はペーパーカタログとオンラインカタログ(「RSオンライン」http://rswww.co.jp)の形態で展開します。ペーパーカタログの年刊「RS総合カタログ Vol.16」では、新たにメーカーロゴを表記した「メーカー名索引」を加えることで、検索性を向上させました。さらに、半導体ではIC、ディスクリート、...

2008-09-05

新サービス「プロダクションパッケージ」を開始

         工業用部品のカタログ販売会社、アールエスコンポーネンツ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:浜本 宏、資本金:1億円)は、電子部品を納品後すぐに使える梱包形態にする新サービス『プロダクションパッケージ』を2008年10月上旬より開始します。  『プロダクションパッケージ』は、商品に応じて「リール」型、「トレイ」型、「スティック」型の梱包形態を用意。従来は、袋や箱に小分けで納品していましたが、今後は、商品に適した梱包形態で納品いたします。本サービスにより、小中量量産を目的とした顧客の需要に対応できるとともに、納品後すぐに実装装置での取り付けが可能になることで、生産性...

企業概要

社名 アールエスコンポーネンツ株式会社
住所 〒240-0005
神奈川県 横浜市保土ヶ谷区神戸町134番地横浜ビジネスパークウエストタワー12階
Web http://www.rs-components.com/
TEL 0453358570
PR
■5分で始めるセンサ評価 ウェアラブル/IoT機器開発向けセンサ評価キット
【緊急アンケート】「IoT向け通信規格、日本対応どれにする?」