RS、Cypressの次世代F-RAMファミリ、 Excelonの新シリーズを販売開始

2020/02/19

アールエスコンポーネンツ株式会社

電子部品オンライン商社のアールエスコンポーネンツ株式会社(日本法人本社:神奈川県横浜市、代表取締役:ショーン・フレデリックス)は、業界最小となる低消費電力で動作するCypress SemiconductorのExcelon™ F-RAMファミリの新シリーズを2月1日より順次販売開始したことを本日発表します。市場で最もエネルギー効率の高い不揮発性メモリとして、書き込み遅延のない高速書き込み、事実上無制限の書き込み耐性、メモリ寿命は事実上無制限となるパフォーマンスを保持します。

Excelon™ F-RAMは、シリアルインターフェースとしてSPI(シリアルパラレルインターフェース)を備え、SRAM、EEPROM、シリアルフラッシュなどの他の不揮発性メモリデバイスのタイミングで動作しますが、高速SPIバスを使用して連続的に書込みを実行することで、停止時から次に始動するまでの無駄なソーク時間、データ損失を起こす可能性のあるバッファリング遅延を排除します。高頻度に高速性を必要とする様々なアプリケーションで、不揮発性メモリの理想的なドロップイン交換を可能にします。

・産業別に3タイプのExcelon™ F-RAMを提供

Excelon™ LPは、ニューロモジュレーターや除細動器といったポータブル医療機器やウェアラブルデバイス、IoTセンサー、ポータブル検査機器等、電力に敏感なアプリケーション向けに設計されています。休止電流(0.1μA)、ディープパワーダウン(<0.1μA)、スタンバイ電流(最小2.3μA)などにおいて複数の省電力モードを提供、全体として消費電力はEEPROMの200倍、NORフラッシュの3000倍削減します。
また書き換え可能回数は、3000年にわたってミリ秒ごとにデータを記録する回数に匹敵する1000兆回が保証されます。8ピンGQFN(グリッドアレイクワッドフラット無鉛)またはSOICパッケージで提供されます。

Excelon™ Ultraは、FA、PLC(プログラマブルロジックコントローラ)、モーター制御、スマートメーターなどの高性能な産業アプリケーションが対象です。35nsのバースト転送時間でデータを処理するパラレルインターフェースのスループットをさらに拡張させた、少ないピン数で108MHzのクロック レートを実現するクワッドSPIを備えています。108MHzでの消費電流はわずか10mAです。
100兆回の書き換えサイクルの耐久性を備え、+85℃の環境下で15~20年間のデータ保持が可能です。

Excelon™ Autoは、AEC-Q100認定および機能安全(ISO26262)に準拠しており、ADAS(先進運転支援システム)、EDR(イベントデータレコーダー)、ボディコントロール用のカメラやモーションキャプチャなどの自動車アプリケーション向けに最適化されています。
クロックレート108MHzのクワッドSPIを搭載し、-40℃~+125℃の環境下で動作します。

Excelon™ F-RAMは、増え続けるデータロギング要件を満たすために、あらゆるシリアルF-RAMのなかで最大となる8Mbitのメモリ容量を備えています。すべてのExcelon™デバイスは、100年以上にわたって信頼性の高いデータ保持環境を提供します。

Cypress Excelon™ F-RAMファミリは、EMEA(ヨーロッパ・中東)とAPAC(アジア太平洋)地域のRSで販売されています。

Cypress Excelon™ F-RAMファミリの商品についてはこちら
https://jp.rs-online.com/web/c/semiconductors/memory-chips/fram-memory/?applied-dimensions=4294966995,4294640750

※アールエスコンポーネンツ株式会社は、Cypress Semiconductorの正規販売代理店(オンライン)です。