PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

広帯域RFパワー/リターン・ロス測定システム ADL5920

アナログ・デバイセズ株式会社

最小9kHzまでの方向性結合パワー測定が可能

【ADL5920】は、リターン・ロス測定に加え、信号の順方向および逆方向の方向性のRMSパワー・レベルを同時に測定できる、9kHz~7GHzディレクショナル・ブリッジおよびデュアルRMS RFパワー・ディテクタ。従来のアプローチを一新し、ディレクショナル・ブリッジベースのカプラを一体化することで、業界トップレベルの集積度と帯域幅を実現。小型化が極めて重要な意味を持つ各種アプリケーション向けに、カップリングまたはセンシング機能と検出機能とを統合し、高精度のA/Dコンバータ(ADC)を直接駆動できる出力を持つ。また、広帯域動作または周波数変動に対しても、周波数ごとに異なるディレクショナル・カプラの選択が不要となる。内蔵型で、フォーム・ファクタの小型化と市場投入期間の短縮に貢献する。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ

仕様

型番 ADL5920
価格 1,000個受注時の単価:$14.50
(価格は米国での参考価格)
生産状況 サンプル出荷:出荷中
量産出荷:2017年12月

その他の情報

・最小9kHzまでの方向性結合パワー測定が可能
・最大入力信号:+30dBm、開放および短絡負荷の処理能力あり
・5Vの電源供給が必要、150mAの消費電流
・32ピン、パッケージ:5×5mm LFCSPで提供され、動作温度範囲は-40~+85℃

関連製品カタログ

RF/マイクロ波帯用IC ADL6010

【ADL6010】は、同社の最先端である高性能な広帯域電力検出技術を活用したマイクロ波パワー・ディテクタ。信号源負荷による歪みを除去できる独自開発のシンプルなリニアライゼーション(直線化)方式により、広い温度範囲にわたっ...

BLDCモータ制御用完全統合型IPM iMOTION IMM100シリーズ
20~300V Nチャネル パワーMOSFET
小型・高効率 D級オーディオアンプ PowIRaudio
ガルバニック絶縁内蔵ゲートドライバ
12A 高温オルタニスタトライアック QJ8012xHxシリーズ
20~800V 車載用MOSFET
30A 高温オルタニスタトライアック QJxx30LH4シリーズ

会社情報

アナログ・デバイセズ株式会社

アナログ・デバイセズ社 (NASDAQ Global Select Market:ADI)は、信号処理の分野において革新的で優れた技術を提供しています。当社の製品であるアナログ信号/ミックスド・シグナル/DSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)の各集積回路(IC)は、光、音、温度、動き、圧力などの自然界の物理的現象を電気信号に変換し、幅広いアプリケーションに応用する上で、不可欠な役割を果たしています。

アナログ・デバイセズ株式会社
〒1056891
東京都 港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワービル
電話: 0354028200
http://www.analog.co.jp/