PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

アナログ・デバイセズ、無線通信事業者の通信容量とデータ・スループットを拡大する新マルチチャンネル、ミックスド・シグナルRFコンバータ・プラットフォームを発表

2019/06/04

アナログ・デバイセズ株式会社

アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は、4G LTEおよび5Gミリ波無線などの各種ワイヤレス機器向けに、高性能アナログ信号処理とデジタル信号処理を組み合わせた、ミックスド・シグナル・フロント・エンド(MxFE)RFデータ・コンバータ・プラットフォームの新製品「AD9081/AD9082」を発表しました。無線通信機器製造業者は、「AD9081/AD9082」の新しいMxFEプラットフォームを採用することで、単一帯域専用の無線システムと同じ装置サイズでマルチバンド無線システムを実現でき、通信容量を今日の4G LTE基地局と比較して3倍に増やすことができます。ADIの新MxFEプラットフォームは1.2GHzのチャンネル帯域幅があることから、無線通信事業者においては、より多くのアンテナを自社の携帯電話基地局に追加しようとしている現状で、ADIの新MxFEプラットフォームを使用すれば、今後本格化する5Gミリ波システムでのより高密度な無線システムとデータ・レートの条件を満たすこともできます。

周波数変換とフィルタ処理の多くがアナログ領域からデジタル領域に移っているトレンドにおいて、無線機器設計者はAD9081/2を使用することで、ソフトウェア設定で無線をカスタマイズできるようになります。また、AD9081/AD9082マルチチャンネルMxFEプラットフォームは、5Gテスト機器および計測機器、ブロードバンド・ケーブル・ビデオ・ストリーミング、マルチアンテナ・フェーズド・アレイ・レーダー・システム、地球低軌道衛星ネットワークなど多岐の広帯域アプリケーションの要求にも対応できます。

価格と提供時期
下記価格は米国での価格です。

製品: AD9081(RFデータ・コンバータ)
クワッド12ビット4Gsps ADC / クワッド16ビット12Gsps DAC
サンプル出荷: 2019年9月
量産出荷 : 2020年3月
1,000個受注時の単価: $1,487
パッケージ: 熱特性が改善された324-BGA / JESD204BおよびJESD204C

製品: AD9082(RFデータ・コンバータ)
デュアル12ビット6Gsps ADC / クワッド16ビット12Gsps DAC
サンプル出荷: 2019年9月
量産出荷 : 2019年12月
1,000個受注時の単価: $1,500
パッケージ: 熱特性が改善された324-BGA / JESD204BおよびJESD204C

●AD9081/AD9082の製品概要:
https://www.analog.com/jp/products/ad9081
https://www.analog.com/jp/products/ad9082

●アナログ・デバイセズのMxFEポートフォリオの詳細:
https://www.analog.com/jp/products/analog-to-digital-converters/integrated-special-purpose-converters/mixed-signal-frontends.html

●RFデータ・コンバータの詳細:
https://www.analog.com/jp/applications/technology/rf-converters.html

アナログ・デバイセズで高速ミックスド・シグナル・グループのゼネラル・マネージャを務めるKimo Tamは、次のように述べています。「無線通信事業者がサポートする必要のあるアンテナ数を考えると、携帯電話基地局はほぼ飽和状態です。弊社のお客様は、今日の無線装置のフォーム・ファクタに適合する、より軽量なマルチバンド無線を必要としています。また、お客様は複数の地域や使用方法に対して、単一プラットフォームで対応できる、設定の柔軟性と拡張性を備えたソフトウェア無線RFプラットフォームも求めています」

AD9081は8個、AD9082は6個のRFデータ・コンバータを内蔵しており、28nm CMOSプロセス技術で製造されています。どちらのMxFEデバイスも、業界で最も広い瞬時帯域幅(最大2.4 GHz)を実現しており、周波数変換段数を減らし、フィルタ条件を緩和できることで、ハードウェア設計を簡素化できます。この新段階の集積化により、チップ数の削減、プリント回路基板の面積を従来と比較し、60パーセントの削減が可能となり、無線通信装置設計のスペース制約に対応できます。

このMxFEプラットフォームは、RFスペクトルでのより多くの信号を処理できます。チップ内蔵のDSP機能により、プログラマブルなフィルタとデジタル・アップコンバートおよびダウン・コンバート・ブロックを設定して、それぞれの無線信号帯域幅条件を満たすことができます。これにより、FPGAでRF変換とフィルタ処理を実行するアーキテクチャと比べて、消費電力を10分の1に低減できます。また、プロセッサの貴重なリソースの解放や、コスト効率の高いFPGAを設計に採用することが可能です。

###

アナログ・デバイセズについて
アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術で、アナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ http://www.analog.com/jp

NxFEはAnalog Devices, Inc.の商標です。

アナログ・デバイセズの公式Twitter(日本版) @AnalogDevicesJP