PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

アナログ・デバイセズ、基地局開発者のシステム設計簡略化と経費削減を実現する、広帯域RFトランシーバーの新製品「ADRV9026」を発表

2019/12/05

アナログ・デバイセズ株式会社

想像を超える可能性を実現するアナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は、同社のRadioVerse™設計/技術エコシステムを構成する広帯域トランシーバーの新製品「ADRV9026」を発表しました。ADRV9026は、シングルおよびマルチスタンダード3G/4G/5Gマクロセル基地局、Massive MIMO(M-MIMO)およびスモール・セル・システムなどの基地局アプリケーションをサポートするように設計されています。アナログ・デバイセズの第4世代広帯域RFトランシーバーであるADRV9026は、最小限の消費電力、最小限のサイズ、共通プラットフォームで4チャンネルを統合したソリューションです。この新しいソフトウェア無線トランシーバー[FH1] は、周波数分割複信(FDD)規格と時分割複信(TDD)規格の両方をサポートしており、3G/4G/5Gアプリケーションの設計の簡略化とシステム消費電力、サイズ、重量およびコストの削減を可能にします。

ADRV9026は14×14mm BGAパッケージで供給されます。主な特長は以下のとおりです。

● 2チャンネルのオブザベーション・レシーバーを内蔵した4チャンネルのトランスミッタおよびレシーバー
● LO周波数:650MHz~6000MHz
● レシーバー/トランスミッタの帯域幅:最大200MHz
● オブザベーション・レシーバー/トランスミッタの合成帯域幅:最大450MHz
● 全てのローカル発振器およびベースバンド・クロックのマルチチップ位相同期機能

ADRV9026の製品ページ、データシートのダウンロード、サンプルの注文についてはこちらから:https://www.analog.com/jp/ADRV9026

RadioVerse設計/技術エコシステムは、幅広い市場およびアプリケーション向けの無線システム開発プロセスの簡略化に焦点を合わせた、ワンストップの無線システム設計環境を提供します。RadioVerseは、迅速な試作評価用のプラットフォーム、チップレベルの評価システム、シミュレーション・ツールおよび開発キットに加え、様々なレベルで設計をサポートするグローバルなパートナーのネットワークで構成されます。詳細については、www.analog.com/jp/RadioVerseをご覧ください。

アナログ・デバイセズについて
アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術で、アナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
想像を超える可能性を ― アナログ・デバイセズ http://www.analog.com/jp

アナログ・デバイセズの公式Twitter(日本版) @AnalogDevicesJP