PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

アナログ・デバイセズ、COVID-19のパンデミックに対応した行動計画を発表

2020/04/02

アナログ・デバイセズ株式会社

アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に立ち向かうための医療技術製品の生産加速により、COVID-19の世界的なパンデミックへの対応をサポートする行動計画を発表しました。これには酸素吸入器、人工呼吸器、診断検査システム、輸液ポンプ、患者モニタの機器、CTスキャン装置やデジタルX線検査装置等の画像診断システム等、COVID-19の患者の診断と治療に必要不可欠な医療機器に採用されている重要な計測/制御技術が含まれます。

アナログ・デバイセズの社長兼CEOのヴィンセント・ロウチ(Vincent Roche)は、次のように述べています。「アナログ・デバイセズは、COVID-19との戦いの最前線で使用されている重要な医療機器に不可欠な、弊社の医療用製品の供給確保と迅速な出荷のためになし得る、あらゆる行動を実施しています。またバイオセンサー企業、研究病院、国際的な人工呼吸器を作るためのオープンソース・プロジェクト(Open Source Ventilator project)との協力により、専門分野の知識を活用して、最も必要とされる場所で画期的な技術と設計支援を提供しています。私たちは、この危機を乗り越えるためにたゆみない活動を続ける勇敢な医療コミュニティの方々と世界中のCOVID-19患者の方々を支援できることを誇りに思います」

医療関係顧客の需要急増に対応して、アナログ・デバイセズは以下の対策を講じています。

●日ごとの受注残の分析により、顧客の中から現在の状況において重大な医療機器メーカーを特定して優先的に製品を供給し、今後ますます困難を増す供給環境を改善します。

●専用の製造ラインを用意して医療機器用製品の生産量を増やし、顧客からの注文増に対応します。

●防護具、社会的距離戦略(social distancing guidelines)、清潔な労働慣行を製造チームに提供し、従業員の健康と安全を守ります。

●世界各地の行政/公的機関と協力してアナログ・デバイセズの工場または外部委託業者の工場の操業を維持し、必要不可欠な医療技術製品の生産を継続できるようにします。

COVID-19のパンデミックは、世界中で前例のない衝撃を与え続けています。アナログ・デバイセズは、弊社の従業員、顧客、一般市民の健康と安全を守るための責任ある行動に、取り組んでまいります。

【アナログ・デバイセズについて】
アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術で、アナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。

想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ http://www.analog.com/jp