PR
日本随一、2500点の配管部品サテライト・ショールームがお台場に誕生。
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

2液混合吐出装置 ID-200N(2液ディスペンサー)

(株)日本省力技術研究所

2液性接着剤の高精度、微少量吐出用途に最適な2液ディスペンサー

二液混合吐出装置【ID-200N】は、二液性エポキシ、ウレタン、シリコーン、アクリル樹脂の微少量吐出、塗付作業に適しているディスペンサー。同社オリジナルの容積効率が高いマイクロギヤポンプにより温度、粘度変化の影響を受にくく高精度吐出、塗付が可能。同社で開発したカートリッジ方式のミキサーを使用することにより、ポットライフの短い速硬化樹脂でも混合吐出が行える。設定は吐出量、混合比、吐出時間、サックバック量などを数値入力で簡単に行える。吐出量、吐出回数カウンタ、タンク残量、および動作履歴ログ保存機能などの吐出、塗付作業における高度な管理機能を標準装備。AC100V電源のみで空圧などを一切使わないので設置場所を選ばず自動化ラインにも対応。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ
2液混合吐出装置 ID-200N(2液ディスペンサー)

関連製品カタログ

2液混合吐出装置 ID-200N (二液ディスペンサー)

二液混合吐出装置【ID-200N】は、二液性エポキシ、ウレタン、シリコーン、アクリル樹脂の微少量吐出、塗付作業に適しているディスペンサー。同社オリジナルの容積効率が高いマイクロギヤポンプにより温度、粘度変化の影響を受にく...

少量用2液型ディスペンサ KAPPA5
Tofutty ―高精度電動ディスペンサ―
2液型ディスペンサ 2軸サーボ駆動式 KAPPA 5 DUAL SERVO
エアー加圧型定量吐出装置 MCA100/200/300
1液型ディスペンサ プランジャポンプ式 P-FLOWシリーズ Vタイプ(真空タイプ)
1液型ディスペンサ プランジャポンプ式 P-FLOWシリーズ Bタイプ(線引きタイプ)
2液型ディスペンサ プランジャポンプ式 P-FLOWシリーズ Tタイプ(2液/回転塗布タイプ)

会社情報

(株)日本省力技術研究所

当社のMGPディスペンサーは、容積効率の高いオリジナルのマイクロギヤポンプ(容積計量型)を使用した液体定量吐出装置で、ポンプの回転角度と吐出量が正確に比例するため、温度、粘度等による吐出量の変化がほとんどありません。
そのため、微少量吐出においても、長時間安定した反復吐出が可能になり、従来困難であった二液性接着剤の微量吐出や、ポットライフの短い二液速硬化樹脂の自動化、コストダウンを容易に達することができます。
また、構造がシンプルなため故障が少なく、メンテナンス・経済性などにも数々の特長を持っています。

(株)日本省力技術研究所
〒2740825
千葉県 船橋市前原西1-36-10
電話: 0474773521
http://www.dispenser.jp/
PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット