米・ROCKLIN社製カーバイド積層被膜装置 ロックリンナイザー 850

日本金型産業(株)

使用寿命を延長させる

【ロックリンナイザー 850】は、金型および切削工具などの修理に、電極材としてタングステンカーバイド、チタンカーバイド、超硬電極材料を積層して、プラ型、プレス金型、鍛造型、工具などを復元し、使用寿命を延ばすことができる便利なカーバイド積層被膜装置。金属表面に対し電極材をあて、通電し耐摩耗性材料を電子的に浸透させる。アーク溶接および金属噴霧タイプとは異なり、熱を発生しない。本装置で処理をした後に、焼き入れ、研磨、表面処理などの作業は不要。量産中の金型の摩擦および摩耗に対し、金型を取り外すことなく、成形機に取り付けたままで作業でき、コスト削減に威力を発揮。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ
米・ROCKLIN社製カーバイド積層被膜装置 ロックリンナイザー 850

製品カタログ

米・ROCKLIN社製カーバイド積層被膜装置 ロックリンナイザー 850

米・SUPERIOR社製スライドロック
コア エキスパンダブルキャビティ
PROGRESSIVE社製エアーバルブ
Fluoramics社製 ライトニンググリス Tufoil
Fluoramics社製 エンジントリートメント Tufoil
HASCO社製モールドメモリ A5800
焼付防止剤 アンチシーズニッケル

会社情報

日本金型産業(株)

日本金型産業株式会社(JTD)は、1959年(昭和34年)、世界のトップクラスに位置する日本の優秀な金型メーカー12社の共同出資会社として設立されました。日本の高品質な金型の世界各国への輸出を通じて、世界と日本の金型産業界の関係を深めてまいりました。このネットワークと物流・貿易ノウハウそして長年培ってきた金型への深い理解を生かして金型部品の輸入・販売そして、オリジナル製品の開発・販売と業務を拡大しています。また金型部品の海外への供給も行っています。いずれも、世界の金型事情に精通したJTDだからこそ可能な事業展開です。

日本金型産業(株)
〒1440051
東京都 大田区西蒲田5-27-1
電話: 0337336311
http://www.jtdtky.co.jp/