PR
⇒⇒⇒セキュアなIoTデバイスをお探しですか?
■5分で始めるセンサ評価 ウェアラブル/IoT機器開発向けセンサ評価キット

信頼性と再現性に優れたシングルステージ希釈装置

【HDS561】は、高濃度エアロゾルを簡単に希釈できる装置。吸引流量28.3L/minから100L/minまでのパーティクルカウンタを本装置に接続することで、可測濃度範囲を超える高濃度エアロゾルを最大100,000倍まで希釈し、計測を可能とする。本体タッチパネルディスプレイにより希釈率の設定や変更が可能であり、可変範囲はパーティクルカウンタの吸引流量とキャピラリータイプにより異なる。カスケード接続した希釈器との粒度分布はほぼ同じである。主な用途は、(1)高濃度環境の粒子濃度をパーティクルカウンタで計測するための希釈装置、(2)パーティクルカウンタの比較試験、(3)クリーンルームや安全キャビネットなどのフィルタ性能試験。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
高濃度エアロゾル希釈装置 HDS561

関連製品カタログ

ステンレスタンク TN series(狭口ボトムポート型)

【TN series】は、開口部分を胴径より小さくしたタイプのステンレスタンク。多くの容量を必要とする場合でも比較的、低コストで製作可能。胴径を大きくしてあり、高さが他のタンクと比べ低く設計されている。30・40Lタイプ...

【技術仕様書】VIS/NIR吸光度測定用光学センサ OUSAF11
水素ステーション関連機器 ボールチェッキ弁/ラインフィルタ
デジタル流量指示計 TM81 仕様書
エアアンプ 総合カタログ
ワンタッチ形コネクター INCOシリーズ
【技術仕様書】流通ホルダ OUA260
シリコンチューブホルダ STH series

会社情報

日本カノマックス株式会社(KANOMAX JAPAN INCORPORATED)

KANOMAXグループは、気流や水流などの“流れ”(Fluid)と目に見えない“微粒子”(Particle)を精密に計測する技術を応用した製品やサービスで体現される、最良の計測ソリューションをお届けしてまいりました。特に、環境、健康、エネルギーなど我々人間の豊かで健やかな暮らしを持続させてゆくために欠かせない分野や、自動車、航空宇宙、半導体、電子機器製造、重工業、鉄鋼、造船、製薬・バイオ、食品加工、医療、建築・土木等あらゆる産業分野における品質管理、環境管理や技術開発シーンにおける技術革新と品質の向上を支えることに貢献しています。

日本カノマックス株式会社(KANOMAX JAPAN INCORPORATED)
〒5650805
大阪府 吹田市清水2-1
電話: 0120009750
http://www.kanomax.co.jp/
PR
■マルチインターフェースIoTゲートウェイでローカルデータを遠隔地/クラウドへ!
◆耐摩耗性、メンテナンス性、高粘度液・高濃度スラリーの移送に優れたスラリーポンプ