920MHz帯マルチホップ無線ユニット

沖電気工業株式会社

さまざまな場所でセンサ情報の収集や機器制御に対応

OKIの「920MHz帯無線マルチホップユニット」は免許不要で使え、さらに独自の工夫により長距離伝送や通信品質の向上を実現しており、大規模なセンサネットワークにも安心して利用できる。通信インターフェースが汎用的なRS-485/RS-232Cに対応しており、既存の機器・センサとの接続性が高く、これまで有線接続が難しかった設置場所でもネットワーク化が可能。

【用途】シリアル通信をマルチホップ無線化でき、次のような適用例がある。
・電力/ガス/水の見える化ネットワークシステム
・太陽光発電パネル監視
・IT農業
・飲食チェーン点の店舗運営監視
・災害時の緊急連絡システム

※詳細な仕様は「920MHz帯マルチホップ無線ユニット」メーカページを参照して下さい。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ

製品カタログ

920MHz帯無線製品などに関する資料

「920MHz帯無線マルチホップ通信の特長」「920MHz帯無線製品」「マルチベンダIoTソリューション」「920MHz帯無線の適用領域」などを掲載。

920Mhz マルチポップ無線
920MHz帯無線マルチホップ ネットワークシステム『920MHz帯無線通信モジュール評価キット』
920MHz帯無線マルチホップ ネットワークシステム『920MHz帯無線通信モジュール』
920MHz帯無線ユニット 電波伝搬測定 簡易説明資料
SmartHop SR無線モジュール

会社情報

沖電気工業株式会社

沖電気工業は920MHz帯無線マルチホップで、センサーネットワークをフレキシブルに構築します。

お問い合せは、OKI質問ページヘ


沖電気工業株式会社
〒3358510
埼玉県 蕨市中央1-16-8 OKIシステムセンター
電話: 048-431-5180
https://www.oki.com/jp/920M/