PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?

信号信頼性に優れ100mまでの長距離伝送を実現する高解像度ディスプレイ用途向け「アクティブ光ケーブルアセンブリ」を発表

2019/02/01

日本モレックス合同会社

2019年2月1日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、光ケーブルを用いて優れた信号信頼性と最長100mの長距離伝送を実現し、高解像度の非圧縮データを伝送可能な「アクティブ光ケーブル(AOC)アセンブリ」を発表しました。

モレックスのAOCアセンブリは、インターフェース別に3種の製品がラインアップされており、HDMI 2.0に対応した「OptoHD」、DisplayPort 1.4対応の「OptoDP」、USB 3.1対応の「OptoUSB」が利用可能です。ケーブル長は、それぞれ1/3/5/10/20/30/50/100mの8種が取り揃えられているほか、自己給電機能を備えているため外部電源は不要です。

本アセンブリは光ケーブルの両端に電気/光変換機を備え、大容量の高解像度データを高速かつ安定的に伝送できる上、EMI/RFI(電磁波妨害/無線周波数妨害)耐性に優れることから、干渉が多い環境でも安定した性能を発揮します。このため、4kや8kといった高精細でクリアなディスプレイが求められる製造工場や医療現場などでの利用に適しています。


OptoHDの主な特徴
・ 標準タイプAとマイクロタイプDのコネクタが利用可能
・ ハイダイナミックレンジ(HDR)をサポートし、将来的なデータ伝送のニーズにも対応


OptoDPの主な特徴
・ 4k、8kや3Dディスプレイなどの超高精細データの伝送、および次世代の高解像度ディスプレイのデータレートにも対応


OptoUSBの主な特徴
・ 標準のType-AおよびType-Cコネクタが利用可能
・ USB 3.1 Gen 2規格に対応した10Gbpsの伝送が可能


本AOCアセンブリは、パソコン、AV機器やゲーム機器などの民生家電分野をはじめ、手術用機器や患者モニタリング装置などの医療分野、工場内モニタリングなどのFA分野といった幅広い用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイト www.japanese.molex.com/link/optocableassemblies.html をご覧下さい。