PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
◆耐摩耗性、メンテナンス性、高粘度液・高濃度スラリーの移送に優れたスラリーポンプ

スイス・コントリネックス社のセンサ製品をラインアップに追加しIoT向けソリューションを強化

2019/02/08

日本モレックス合同会社

2019年2月8日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、スイス・コントリネックス社のセンサ製品の取扱を開始し、IoT(モノのインターネット)ソリューションを強化することを明らかにしました。

コントリネックス社は、安全システムやRFIDシステムといったFA分野向けセンサ製品のリーディングカンパニーであり、同社製品は業界トップクラスの検出距離と長寿命を特徴としています。今後モレックスでは、コントリネックス社の「磁気誘導型近接センサ」や「光電センサ」といったセンサ製品の顧客提案を通じて、産業オートメーション分野におけるソリューションプロバイダーとしての基盤強化を図る方針です。

モレックスが取り扱いを開始するコントリネックス社のセンサは、モレックスが供給する多くのセンサ製品と同様IO-Linkに対応しています。このためセンサのプロセスや出力データは、IO-Linkインターフェースを介してシームレスにIoTアーキテクチャへ統合でき、継続的な監視や診断を実現します。

コントリネックス社の最高経営責任者であるアネット・ハイムリッヒャーは、「モレックスは業界をリードする専門知識と長年にわたる顧客関係を構築しています。今後は両社の専門知識を統合し、センシングに問題を抱えるすべてのお客様に最適なソリューションを提供して参ります。」と話しています。

≪磁気誘導型近接センサの主な特徴≫
・ スチールおよびアルミニウムを用いた一体型ハウジングによって、過酷な環境でも堅牢な機械的および化学的な保護性能を提供
・ IP67および69K規格に準拠し、屋外の洗浄区域や海水用途での使用が可能
・ 最長40mmの検出距離を提供し、センサ損傷のリスクを低減

≪光電センサの主な特徴≫
・ 屋外用途での使用に適したIP67規格およびEcolab認定取得品が選択可能
・ 背景抑制機能を備えることで、白/グレーの背景で300mm、黒の背景で250mmの検出距離を実現
・ UV光を用いたセンサ技術によって透明体を検出でき、検知距離は最長1200mm

詳しい情報は、弊社ウエブサイト www.japanese.molex.com/link/contrinex-sensors.html をご覧下さい。
PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?