PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

サファイア基板 Labo-Sapphire

株式会社大興製作所

モース硬度9、最高2000°Cまで対応

【Labo-Sapphire】は、各種成膜実験などで活用されるサファイア製基板。優れた強度と耐摩耗性を兼ね備え、モース硬度は9を達成。200~7000nmの紫外~赤外光領域で高い透過率も持つ。ほとんどの酸・アルカリに侵されず、また、耐熱性にも優れている。絶縁体、抵抗率10E14Ω・cm(25℃)。角形状、ウエハー形状を標準品として用意。標準品と異なるサイズ、形状にも対応。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
サファイア基板 Labo-Sapphire

その他の情報

ウエハータイプ:φ51×0.3t(mm)
正方形タイプ:□10×10×0.3t(mm)
※正方形タイプには基板端面に0.3mm以下程度のチッピングあり

関連製品カタログ

TEMPAX Float & 光学用ミラー

ショット日本では、20年以上前、後に最も汎用性の高い特殊ガラスの一つとなるガラス素材の生産ラインに、ショットは初めてマイクロフロートプロセス(フロートガラス製法)を導入し、世界初のフロートガラス製法によるホウケイ酸ガラス...

ARコート付ウィンドウ D-Opterシリーズ
TEMPAX Float & サイトグラス
機能アルマイトの拡がり続ける可能性
型成型シリカガラス NOVAXIL
ホウケイ酸ガラス TEMPAX Float
TAFシリーズの用途例
光学窓/基板製品カタログ

会社情報

株式会社大興製作所

株式会社大興製作所
〒6018207
京都府 京都市南区久世中久町676
電話: 0759334191
http://www.daico.co.jp/