インパルスハンマー

(株)アコー

構造体の解析や亀裂検査、トラブルシューティングの打撃・加振試験に最適

本製品は、プリアンプ内蔵のためチャージアンプを必要とせず手軽に使用できるインパルスハンマー。センサー部には、剛性の高い水晶素子を使用。簡単に試験構造物にインパルスな力を加えることができ、その力を信号として得ることができる。また、測定対象物に加速度ピックアップを取り付け、FFTアナライザを用いて解析を行うことで、構造物の伝達関数を求めることができるため、構造体や部品の共振周波数解析やモーダル解析などの調査での利用に最適。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
インパルスハンマー

仕様

価格 ¥140,000-
寸法 ヘッド部外径:φ16.4mm
先端チップ外径:φ12.5mm
長さ:241mm
重量 約180g

その他の情報

構造:圧電・圧縮型
感度:2.2mV/N
周波数範囲:~8kHz
共振周波数:31kHz
最大使用荷重:2225N
使用温度範囲:-20℃~+60℃
供給電源電圧:DC 12V~25V
定電流:0.5mA~5.0mA
出力インピーダンス:50Ω以下
最大出力電圧:5Vp-p
出力DC電圧:7V±2
コネクタ:BNC

その他のカタログ

騒音計専用プリンタ

本製品は、測定データをグラフ化して出力可能な普通騒音計 TYPE6226/精密騒音計 TYPE6224/振動レベル計 TYPE3233専用のプリンタ。メモリに記録された測定データを直接プリントアウト、PCのない場所でも基...

小型振動計 TYPE3116/3116A
積分形騒音計 TYPE 6230
ハンドヘルド型オーディオ/アコースティックアナライザ TYPE6240
単一指向性 プリアンプ一体型マイクロホン EU-16/4152
ハンドヘルドアナライザ TYPE 6240
加速度ピックアップ
音量計 SV-6230

会社情報

(株)アコー

株式会社アコーは、1972年に音響計測機器メーカーとして設立され、ユーザー各企業様や各大学の研究機関と協力し、研究開発を重ね数々の実績を上げてきました。 その実績を元に'77年には振動計測部門への進出を図り、センサー業界では国内でも屈指の企業へと発展し続けています。 1976年から輸出を開始。現在、アメリカ、イギリス、ドイツ、韓国、台湾など世界各国へ進出し、海外でも“センサーのアコー"として高い評価を受けております。1988年2月には、九州の宮崎に新工場と技術研究所を設立し、最新の設備と人材により新製品の開発や品質の向上を図っています。

(株)アコー
〒1920352
東京都 八王子市大塚85-1
電話: 0426764661
http://www.aco-japan.co.jp/