薄膜飽和磁歪測定装置

ネオアーク(株)

高感度・高精度測定を実現

本装置は、磁気ヘッドや地磁気センサなど軟磁性薄膜材料を応用した磁気デバイスで問題となる磁歪量の高感度計測が可能。飽和磁歪の測定には測定材料に飽和磁場以上の磁場印加が必要であるが、従来の飽和磁歪測定装置では磁歪による変位量の振幅のみで判断していたため、誤った測定を行う可能性があった。本装置では、オプションの縦Kerr効果を用いた磁気特性による磁場印加状態の確認を実現し、正確な測定が行える。また、変位測定には光てこ法を用いており、光干渉計を用いた変位信号校正機能の搭載により高精度を実現。(開発中)

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
薄膜飽和磁歪測定装置

仕様

用途 ・薄膜磁気ヘッド材料の磁歪測定。
・薄膜磁気センサ材料の磁歪測定。
・各種軟磁性薄膜の磁歪測定。

その他の情報

《主な特長》
・高感度:10⁻⁸台の測定が可能
・高精度:光ヘテロダイン干渉法による変位校正機能搭載
・最大印加磁場:100 Oe

その他のカタログ

光スペクトラムアナライザ

本製品は、主にレーザのモードスペクトル観測用として開発された、波長範囲:250nm〜20μm、スキャニング帯域幅:100nm〜5μmの光スペクトラムアナライザ。測定部は平行平面型のファブリペロー干渉計とPZTスタックから...

LEDマーキング
He-Neレーザーマーキング
レーザ直接描画装置 DDB-201/205
632.8nm 同軸型He-Neレーザ HNシリーズ
よう素安定化He-Neレーザ
ベクトル磁区観察装置 BH-786V
パワーメータ PMシリーズ

会社情報

ネオアーク(株)

「レーザ技術への限りなき挑戦!!」をモットーとし、レーザ技術を通して科学技術の発展と、それらがもたらす豊かな社会作りに貢献する企業を目指し、レーザ、レーザ応用機器、磁気評価装置、抵抗等の製造及び販売を中心に、国内外へ事業を展開してまいりました。
“20世紀最大の発明”の一つと言われているレーザを、より安全に、そして更なる「ものづくり」を行い、お客様からの信頼に応えるべく、お客様と共に、お客様が必要とする製品を国内外の市場に提供し続けたいと思います。

ネオアーク(株)
〒1920015
東京都 八王子市中野町2062-21
電話: 0426277432
http://www.neoark.co.jp/