PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

小型超高温カーボン実験炉 MiniLab-CF

テルモセラ・ジャパン株式会社

簡単操作コンパクトラックにすべてを収納、短時間でMax2200℃まで昇温可能

【MiniLab-CF】は、最高使用温度がAr:Max2200℃、N2:Max2000℃(真空中1×10-5Torr)対応のカーボン実験炉。有効加熱エリア・試料台サイズφ60(標準)、小片試料の設置が可能。新素材・新材料開発、および半導体・電子部品・燃料電池・大陽電池などの先端基礎技術開発部門でのさまざまなアプリケーションに対応。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ
小型超高温カーボン実験炉 MiniLab-CF

仕様

型番 MiniLab-CF-S, M, L
価格 お問い合わせ下さい。
納期 ご下命後約4ヶ月
用途 新素材研究、材料試験、セラミック焼結など
寸法 W1125×D590×H1160mm
重量 約400kg
利用されている業界 半導体、電子部品、燃料電池、金属、大学・官公庁

その他の情報

短時間でMax2200℃まで昇温可能な小型超高温カーボン実験炉「MiniLab-CF」。試料加熱エリアがφ60×50(CF-M)、φ150×80(CF-L)、φ30×50(CF-S)の3タイプをラインアップ。

・最高使用温度:Max2000℃(真空、 N2)、2200℃(Ar)
・ヒーター:高純度グラファイト製ヒーター
・真空ポンプ:ロータリーポンプ(標準)
・熱電対:Cタイプ
・温度調節器:PIDプログラム温度調節計
・電源電圧:200V単相 50/60Hz 8kVA(CF-M参考値)
・水冷式:4L/min

関連製品カタログ

MiniLab-CF小型超高温カーボン実験炉

本製品は、シンプル構造で操作が容易な小型・省スペースの超高温カーボン実験炉です。最高使用温度2000℃(真空, N2)2200℃(Ar), 到達圧力(1×10-5Torr) 新素材・材料開発、半導体・電子部品・燃料電池・...

加熱試験装置 KTE-HTA-600D
高速アニール加熱炉 VPO-1000-300
フロントローディング式真空プロセス高速加熱炉 RTP-100
フロントローディング式真空プロセス高速加熱炉 RTP-150
MiniLab-WF 超高温ウエハー焼成炉 2000℃
分離型 中型3次元ボールミル(3次元リアクター) 3DB-210
ナガオシステム製品リーフレット「3次元ボールミル(3次元リアクター)&傾斜型遊星ボールミル

会社情報

テルモセラ・ジャパン株式会社

テルモセラ・ジャパン株式会社
〒1030022
東京都 中央区日本橋室町1-6-3山本ビル別館8F
電話: 0362143033
http://www.thermocera.com/