PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

株式会社エコアドバンスジャパンは、ソーラー発電向け触媒【鉛バッテリー延命触媒BAT】の販売を開始しました。

2019/08/19

(株)エコアドバンスジャパン

省エネ触媒の製造販売を手掛ける株式会社エコアドバンスジャパン(本社:東京都足立区本木1-1-13 代表取締役社長:福島 文雄)は、「鉛バッテリー延命触媒BAT」を使用した【NCSバッテリー】を販売する、株式会社ジャステックスに大容量120A、250A、12V 鉛バッテリー向けに供給を開始しました。

【鉛バッテリー延命触媒BAT】
ソーラー発電、風力発電向け蓄電用鉛バッテリー の延命触媒「BATシリーズ」を製造販売する株式会社エコアドバンスジャパンはソーラー発電、風力発電向けの鉛バッテリーを製造販売する株式会社ジャステックス(本社:東京都台東区東上野1-8-2代表取締役 市村和俊)向けに「鉛バッテリー延命触媒BAT」の供給を開始しました。

ソーラー発電により発電する電力は国内では平均発電時間が昼間の4時間前後に限られていて、ソーラー発電がその時間帯に集中する為に電力各社は対応に苦慮しています。従って発電した余剰電力を一時蓄電して電力需要が増加する時間帯に給電が可能な、蓄電用バッテリーが求められていました。高性能で大容量のリチウムイオンバッテリーが有望視されていますが、価格が高価である事、BMS(バッテリー・マネジメント・システム)での管理が必要である事、冷却装置に折角蓄電した電力を消費する事などから、設置型については従来の鉛バッテリーの方が有利ではないかと、見直され始めています。

「鉛バッテリー触媒BAT」を使用したバッテリーは、鉛電極に時間経過とともに固着して電子の移動を妨げる硫酸鉛の膜(サルフェーション)を固着防止する効果があります。従って同バッテリーは、長期間の耐久性能と、加熱による発火事故などの心配も少なく、価格も比較的安価である事から今後大幅な需要の増加が見込めます。

【商品概要】
商品名:鉛バッテリー延命触媒BAT
種類別名称:鉛バッテリー延命触媒
小売価格:(100A、1セル)@2,200円(税別)(200A、1セル)@3,000円(税別)
発売日:2019年8月15日(木)
サイズ:解放型鉛バッテリーで30A~1000Aまでの種類に対応
販売店:代理店及びネット通販
URL:http://www.ecoadvancedjapan.co.jp

【商品特徴】
・鉛電極に時間経過とともに固着して電子の移動を妨げる硫酸鉛の膜(サルフェーション)を固着防止する
・生分解性、無毒、環境に低負荷