PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

超高速DSC測定装置 Flash DSC 2+

メトラー・トレド(株)

再組織化プロセスの分析が可能

【Flash DSC 2+】は、これまで不可能だった再組織化プロセスの分析が行え、理想的な形で従来のDSCを補完できる測定装置。高速応答センサにより、高速反応や結晶化プロセスの速度論分析が可能。高機能性と使いやすい人間工学的なデザインにより、サンプルの準備がすばやく簡単に行える。-90~+1000℃までの幅広い測定温度範囲に対応。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ
超高速DSC測定装置 Flash DSC 2+

仕様

型番 30424745
納期 数量によって納期が変動、要問い合わせ
用途 応用例
• 物質の構造形成プロセスの詳細な分析
• 高速結晶化過程の実測定
• 高速反応の速度論解析
• 製造工程と類似の条件下での添加剤の影響の調査
• 短時間での材料特性の理解
• 微量のサンプルでの分析
• シミュレーション結果の確認
寸法 幅45×奥行60×高さ50cm
利用されている業界 繊維
化学
石油・石炭製品
ゴム製品
樹脂・プラスチック
機械要素・部品
電子部品・半導体
航空・宇宙
試験・分析・測定

その他の情報

特長・メリット
■超高速冷却測定:サンプルの構造制御が可能
■超高速昇温測定:測定時間を短縮し、サンプルの再組織化を回避
■高感度測定:低速昇温により、従来のDSC測定結果と比較ができる
■無酸素雰囲気での測定:サンプルを酸化から防ぐことが可能

温度範囲
空冷 RT to 1000℃(UFH 1)/RT to 500℃(UFS 1)
イントラクーラー(1 stage)–35 to 1000℃(UFH 1)/–35 to 450℃(UFS 1)
イントラクーラー(2 stage)–95 to 1000℃(UFH 1)/–95 to 420℃(UFS 1)

サンプリング間隔
10kHz(10,000ポイント毎秒)以上

冷却速度(通常)
UFH 1:6 to 2,400,000 K/min(or 0.1 to 40,000 K/s)
UFS 1:6 to 240,000 K/min(or 0.1 to 4,000 K/s)

昇温速度(通常)
UFH 1:6 to 3,000,000 K/min(or 0.1 to 50,000 K/s)
UFS 1:6 to 2,400,000 K/min(or 0.1 to 40,000 K/s)

センサ膜材質:シリコン/窒化ケイ素(UFH 1)/窒化ケイ素(UFS 1)
熱電対の数:4(UFH 1)、16(UFS 1)

関連製品カタログ

Flash DSC 2+ - 超高速DSC測定装置

DSC(示差走査熱量測定)は熱分析において最も重要な分析手法のひとつです。 温度あるいは時間の関数として、サンプルからの、またはサンプルへの熱流束を測定することで、相転移や化学反応を定量的に評価することができます。 ...

水質測定器 AquaQualisシリーズ
【技術仕様書】比色分析機器 Liquiline System CA80アナライザ
ステンレスカゴ(容器引っかけ型)
車載型排ガス計測器 miniPEMS
Sensofar社製 3D測定顕微鏡 S neox
放射線測定器ガイガーカウンター Ranger
【技術仕様書】Memosens テクノロジー搭載デジタルセンサ Memosens CPS77D

会社情報

メトラー・トレド(株)

お客様のバリュー・チェーン全体を通して測定ソリューションを提供。

メトラー・トレドは、研究開発、品質管理、製造、物流、小売業に存在するさまざまなアプリケーションに対して精密機器とサービスを提供しているグローバル企業です。

メトラー・トレド(株)
〒1100008
東京都 台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル8F
電話: 0358155605
http://www.mt.com/jp