株式会社ネットビジョン

株式会社ネットビジョン

ニッチなエリアで、世界一を目指せる製品を提案していきます。商品開発と比較し、投資額は少ないが難易度は高い商品開発環境に着目し、安価で高機能な商品開発環境を提案しています。この商品開発環境製品を開発する為、自社でボードからFPGA、ソフト、ファームウェアと一貫して製品開発&生産できる体制を整えています。

株式会社ネットビジョンの製品

株式会社ネットビジョンのカタログ・ホワイトペーパー

Linux プラットフォーム カメラエミュレーション

CAN データエミュレーション
SerDes インタフェースボード各種
SVI-09+LAN I/Fボード
MIPIモニターボード SVM-06

株式会社ネットビジョンのニュース

2019-11-27

「国際画像機器展2019」出展のご案内

(株)ネットビジョンは、来る2019年12月4日(水)~6日(金)にパシフィコ横浜で開催される「国際画像機器展2019」に出展いたします。 4K画像対応SVM-06、CANデータ検証環境、車載カメラ用SerDesを中心にした展示となる予定です。展示内容は以下の通りです。 ■展示-1 MIPIモニターボード:SVM-06 新製品 MIPIモニターボードSVM-06ボードが完成しました。初回ロットは完売しました。次回ロットは12月になります。 SVM-MIPIとの大きな違いは、MIPI各レーン当たりの転送レートを1Gbpsを1.5Gbps/レーンまで高速化したこと。4K画像対応とし...

2016-03-17

UVC/USB3.0-2ポートによるマルチ入出力ソリューション

◆概要  モニターボードSVM-03Wは、画像をUVC(USB3.0/PC)2ポートに同時出力する為の装置です。 接続基板はSVIシリーズで使用していたものが、そのまま使用できます。よって新たな接続基板作成の必要はありません。SVM-03ボードへの電源供給は、USB3.0コネクタ経由で電源供給します。また、マルチブート機能により、様々な機能を持たすことができます。例えば、一つのセンサーを2台のPCで同時入力してのアルゴリズム解析、画像と画処理後データの同時表示などです。  モニターボードは、PCドライバにUVCを採用したことにより、Windows環境ばかりでなくLINUX環境も対応しております...

2012-01-10

スーパースピード画像検証・開発支援装置

イメージ・レコーダーSVI-06は、デジタル画像を検証するシステムです。SVIシリーズの構成は、機器接続ボードとPC用のソフトウェアで構成されます。 ボードとPC間の接続はUSB3.0で接続します。 評価できる画像はVGA、1080P等のカラー画像からRawデータまで、デジタルデータであれば全てが対照となります。 デジタル画像の評価としては、ファンクションテストに特化し水平16ビット×垂直16ビットまでの画サイズに対応しています。画像の検証方法としても、弊社独自技術である画像と波形の協調検証手法により、画像検証の大幅な時間短縮を可能としました。 また、SVI-06はFPGAとフレームメモ...

企業概要

社名 株式会社ネットビジョン
住所 〒101-0045
東京都 千代田区神田鍛冶町3-8-6 第一古川ビル6階
Web https://www.net-vision.co.jp/
TEL 03-5577-5662
FAX 03-5577-5669
設立年月日 2001年3月6日
代表者 國府 博
主な事業内容 システム製品の製造企画と販売、コンサルタント業務-エレクトロニクス及びFA分野