PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

非破壊検査用ハンディブラックライトで世界初の9時間動作LEDブラックライト『CLR-365シリーズ』、7月25日販売開始

2019/07/25

(株)NDTアドヴァンス

工業用ブラックライトの輸入販売および、ウェブサイト『工業用ブラックライト』を運営する株式会社NDTアドヴァンス(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:深澤 義知)は、新製品の非破壊検査用LEDブラックライト『CLR-365シリーズ』の販売を7月25日に開始します。

◆非破壊検査用LEDブラックライト『CLR-365シリーズ』
『CLR-365シリーズ』は、アメリカのSpectroline社が開発した、革新的なLEDブラックライトです。非破壊検査用のハンディブラックライトとして、世界初となる9時間の動作時間(2019年7月現在 自社調べ)を実現しました。
従来のバッテリータイプのブラックライトでは、バッテリー残量の低下とともに紫外線強度も低下するため、探傷に必要な強度が不足し、きずを見逃す恐れがありました。『CLR-365シリーズ』には、一定の紫外線強度を維持できなくなると自動で消灯する「自動シャットオフ機能」を搭載しています。これにより、バッテリー残量低下による紫外線強度の落下を防ぎ、安心して検査することができます。
さらに、ケーブルの抜き差しが不要でチャージャーに置くだけで充電する安全・便利なワイヤレス充電機能を新規に採用、IP等級は今までよりワンランク上のIP68(防塵・防水)に準拠しました。
『CLR-365シリーズ』は、紫外線強度が高い『CLR-365 HC』と、照射範囲の広い『CLR-365 SC』の2タイプをラインナップしています。

◆用途
・非破壊検査(磁粉探傷検査、浸透探傷検査)
・リークテスト(漏洩検査)
・フラックス、コンタミネーションのチェック

◆特徴
・非破壊検査用のハンディブラックライトとして、世界初となる9時間の動作時間
・一定の紫外線強度を維持できなくなると自動で消灯する「自動シャットオフ機能」
・IP68の防塵・防水性能
・長期間の紫外線透過による劣化が少ない耐紫外線レンズを採用
・JIS Z 2323:2017、ISO 3059:2012、ASTM E3022-18に適合

◆仕様
・紫外線強度(38cm)  : CLR-365 HC 6,750μW/cm2 ±250μW/cm2
             CLR-365 SC 4,500μW/cm2 ±250μW/cm2
・重量(本体)     : 363g(バッテリー含む)
・ランプヘッド径サイズ: 2.7cm
・長さ        : 17.8cm
・電源        : リチウムイオンバッテリー(動作時間:9時間、充電時間:6時間)
・光源        : UV LED×1
・規格        : JIS Z 2323:2017、ISO 3059:2012、ASTM E3022-18
・製品URL       : https://www.ind-blacklight.jp/product/clr-365.html
◆価格(税別)
CLR-365 HC:95,000円
CLR-365 SC:95,000円

お見積・お問い合わせ